無料ケータイ夢小説ならプリ小説 byGMO

第44話

第40話
シルクside
シルク
シルク
ヴィクター話を聞かせてくれ!
ビターの一族について……
そしてお前たちについて……
ヴィクター
ヴィクター
ああ、すべて話そう……
そしてヴィクターは語り始めた。
ヴィクター
ヴィクター
俺とシーラはある目的があって戦ってた
戦ってた敵がビターの一族だ……
しかしビターの息の根を止めたと思った時、ルイズが現れた。




























(回想:ヴィクター)
ビター
ビター
グッ……ハァ…ハァ……
シーラ
シーラ
観念しろ!ビター
ヴィクター
ヴィクター
そして一族のアジトを教えるんだな!
ビター
ビター
ははは…教えるわけないじゃん…
そもそも君たちに彼らは倒せない……
シーラ
シーラ
お前たちの目的は俺たちが阻止する!
ヴィクター
ヴィクター
ああ、もうこれ以上犠牲を産まないように!
「いいねー!君たちの力……」
シーラ
シーラ
!誰だ!
ルイズ
ルイズ
はじめまして…俺はルイズそして…
君たちは俺のあやつり人形さ……
ヴィクター
ヴィクター
何訳の分からないことを!
すると彼は光の弾を俺たちに放った。
シーラ
シーラ
なんだ!?
ビター
ビター
……!
そして避けた弾は戻り背後から俺たちを貫く。
ヴィクター
ヴィクター
がハッ……!
シーラ
シーラ
ぐっ…ああ……
俺は……こんな所で……すまない……みんな…
ビター
ビター
っ……!
ルイズ
ルイズ
さぁ君たちは今日から俺のあやつり人形だよ?よろしくね?
ヴィクター
ヴィクター
……はいルイズ様
シーラ
シーラ
我が主のため……
ビター
ビター
おうせのままに……
そしてその後シルクロードたちに倒され気づけば元に戻っていた。そして現在にいたる



[現在]
シルクside
ヴィクターは今までの事を全て話した。
シルク
シルク
そんなことが……
ヴィクター
ヴィクター
ああ、皮肉なものだよ本当に……
ダーマ
ダーマ
ビターの一族はなんなんだ?
ヴィクター
ヴィクター
あいつらの目的は、破滅の魔女の復活
モトキ
モトキ
破滅の魔女……?
ヴィクター
ヴィクター
遠い昔に世界を破滅に追いやろうとした魔女だその魔女は封印された。しかしその封印をとこうとしているのがビターの一族……ブラットナイトメアだ。
ブラットナイトメア…それが新たな敵なのか……
ヴィクター
ヴィクター
その魔女の復活の条件は人間の恐怖……そして魔女の魂を入れる器だ
ぺけたん
ぺけたん
だからあの時ビターは俺に悪夢を……
ヴィクター
ヴィクター
ああ、そうだ……やつが持っていた花は恐怖の花と呼ばれている。その名の通り、人間の恐怖の血で咲く花だ。その花で恐怖を集めている。
それを聞いた時、俺はゾクッとした…もし、あのままぺけを助けられなかったら……
ヴィクター
ヴィクター
まぁビターがあんなことをするターゲットは奴の好みだけどな
マサイ
マサイ
なんだよそれ…(¯∇¯;)
きょん
きょん
やっぱりサイコパスでしたね(¯∇¯;)
ザカオ
ザカオ
破滅の魔女の器って言うのは?
ヴィクター
ヴィクター
それはまだ分からない……
だが、器を見つけられるとその人が犠牲になって世界を破滅に導いてしまう…!
ンダホ
ンダホ
それは確かにやばいね……
ピピッ…
ヴィクター
ヴィクター
?シーラからだ……!
ここに客が来る!
くま
くま
客?
すると突然魔法陣が現れた。そしてそこに居たのはシーラと東海オンエアだった。
シルク
シルク
てつや!?
てつや
てつや
シルク!
りょうくんが負傷している。そして話によると
としみつが目を覚まさないらしい。2人をベットに寝かせる。
ヴィクター
ヴィクター
シーラ、お前が言っていたのはこの事か?
シーラ
シーラ
ああ、そうだ
ヴィクターはあるものを取り出した。それはガラスのように透き通った花だった。
ヴィクター
ヴィクター
誰かこの花から蜜を取れるやつはいないか!?
きょん
きょん
それならかつやが!
かつや
かつや
はい!僕は出来ます!
ヴィクター
ヴィクター
頼む、この花から蜜を取り出してくれ
かつや
かつや
はい……少し時間がかかるかもしれませんが…
ヴィクター
ヴィクター
わかった
こうしてかつやは花から蜜をとるために隣の部屋へ行った。
きょん
きょん
やるっちゃんとディーパーさん、かつやの手伝いお願い。
わたぼう
わたぼう
わかった
わたぼうとディーパーもかつやの元へ向かった。
マサイ
マサイ
ヴィクター今の花は…?
ヴィクター
ヴィクター
あれは夢の花だ…あの花の蜜が深い眠りから覚ましてくれる
ダーマ
ダーマ
とにかく今はりょうくんを…!
モトキ、手伝ってくれ!
モトキ
モトキ
うん!
ダーマとモトキがりょうくんを治療している間に、さっきのことをてつや達に話した。
てつや
てつや
そうだったのか…
虫眼鏡
虫眼鏡
ていうかこれ本当なら、ヒカキンさん達にも伝えないといけないと思う。
ザカオ
ザカオ
それもそうだけど…いきなりこんなこと言われて、困らないかな?
確かに……そんな話を聞いて混乱させてしまうの手間はないか……
ヴィクター
ヴィクター
その時は俺が説明する
シーラ
シーラ
ヴィクター…!
ヴィクター
ヴィクター
こいつらも関わってしまったんだ…それに関わるなって言っても聞かないと思う…そうだろ?シルクロード
シルク
シルク
ああ、そこまで聞いてほっとけるかよ!
マサイ
マサイ
俺達もリーダーに賛成だな
フィッシャーズ
フィッシャーズ
(゚ー゚)(。_。)ウンウン
てつや
てつや
俺もだ!
虫眼鏡
虫眼鏡
まぁただ事じゃないしね?
しばゆー
しばゆー
現にあの化け物もやばかったから
えいじ
えいじ
確かにそれが本当なら尚更やばいですもんね
きょん
きょん
僕達もそれに賛成です。
みんなの意思は固まった。
りょう
りょう
僕もそれに賛成かな…
しばゆー
しばゆー
りょうくん!大丈夫?
りょう
りょう
うん、大丈夫だよありがとう
ヴィクター
ヴィクター
やっぱりお前はすごいよ……
シルクロード
シルク
シルク
大したことねぇーよ!
それにお前も俺の事シルクって呼べよ
ヴィクター
ヴィクター
はは、そうだな!よろしくなシルク
シーラ
シーラ
仕方ないか……よろしく
シルク
シルク
おう!
ぺけたん
ぺけたん
…………(  ㅍ_ㅍ )
マサイ
マサイ
?どうしたぺけ?
ぺけの奴まさかシーラに警戒しているのか?
そりゃまぁ、色々言われたけど……
シーラ
シーラ
……そんなに警戒しなくてもいいだろ…
確かにあの時は操られていたとはいえ、お前に酷いこと言ったのは事実だ本当にすまなかった
そう言ってシーラは子供をあやすようにぺけの頭を撫でた。
ぺけたん
ぺけたん
……!
マサイ
マサイ
(╬▔^▔)むっ
いやいやマサイよ…シーラは悪気はないけども
ヴィクター
ヴィクター
(  ̄ノ∇ ̄)おいおいお前のサブリーダーの視線が怖いんだが……
シルク
シルク
|ノo・)ああ、そりゃ恋人があんなことされたらね?
ヴィクター
ヴィクター
え?あ…(察し)そういう事か…
シーラには言っておくよ……
シルク
シルク
その方がいい
(|・ω・)|ガラガラ
かつや
かつや
花の蜜取り出せました!
かつやが花の蜜が入った小瓶をりょうくんに渡した。
シーラ
シーラ
その蜜を飲ませれば目が覚めるはずだ…
ヴィクター
ヴィクター
だが問題はちゃんと飲んでくれるかだが…
りょう
りょう
……っ
するとりょうくんが蜜を口に含む
ヴィクター
ヴィクター
は?
シーラ
シーラ
え?
かつや
かつや
ええ?
するとりょうくんはその状態でとしみつにキスをした
全員「……!?Σ(|||▽||| )」
虫眼鏡
虫眼鏡
り、りょうくん!?
てつや
てつや
え、ええ!?
ザカオ
ザカオ
(* ̄ii ̄)ぐはっ!
きょん
きょん
ザカオさん!
ディーパー
ディーパー
(○゚∀゚)ガハッ∵∴
えいじ
えいじ
ディーパー!?
かつや
かつや
⁄(⁄ ⁄º⁄Δ⁄º⁄ ⁄)⁄え?
くま
くま
かつやあまり見るな!
ンダホ
ンダホ
ええ!?
ダーマ
ダーマ
嘘……!?
ヴィクター
ヴィクター
え?は?
そしてりょうくんはゆっくりと口を離す。
りょう
りょう
これでいいかな?
シーラ
シーラ
あ、ああ……
しばゆー
しばゆー
りょうくん……大胆……
ぺけたん
ぺけたん
⁄(⁄ ⁄º⁄Δ⁄º⁄ ⁄)⁄
マサイ
マサイ
ぺけ?(  ̄ノ∇ ̄)お前もして欲しいのか?
ぺけたん
ぺけたん
な、なわけないでしょ!/////変態!
マサイよ…お前さっきのこと根に持ってんな…
シルク
シルク
おいおい(^_^;)
そしてこっちも……
モトキ
モトキ
/////
ダーマ
ダーマ
モトキ?後でやってやろうか笑
モトキ
モトキ
ば、バカ!//////////
ヴィクター
ヴィクター
このメンバーの関係…どうなってんだ?
としみつ
としみつ
ん……ううん……
としみつが目を覚ました。
としみつ
としみつ
あれここは?
りょう
りょう
やっと目覚めたね?お姫様…?
としみつ
としみつ
………は?
ゆめまる
ゆめまる
としみつ…お前はあの化け物に眠らされて、りょうくんの目覚めのキスで起きたんだよ笑
虫眼鏡
虫眼鏡
こら、ゆめまる!
としみつ
としみつ
っ////////////////////!
としみつはしばらくベットの布団にくるまって1時間は出てこなかった……

後日、俺とだほ、てつや、虫さん、きょんちゃん、ヴィクター、シーラでヒカキンさん達にこの事を説明はした。
・.━━━━━━━━━━━━†━━━━━━━━━━━
星月(作者)
星月(作者)
第40話はここまでです(*`・ω・*)ゞ
りょう
りょう
としくーんごめんって笑
としみつ
としみつ
……りょうのバカ//////////
ディーパー
ディーパー
(* ̄ii ̄)これは……
ザカオ
ザカオ
(* ̄ii ̄)ディーパー君も同士だったのか…
ディーパー
ディーパー
はい(* ̄ii ̄)
きょん
きょん
ディーパーさんが腐男子ってことがわかったところで
わたぼう
わたぼう
それでは次回までバイバイ👋