無料ケータイ夢小説ならプリ小説 byGMO

第18話

第16話
シルクside
嘘だ………マサイとぺけが……メンバーの宝石を奪うなんて………
シルク
シルク
マサイ!ぺけ!目を覚ませ!
お前らはこんな事する奴じゃねぇだろ!
はじめしゃちょー
はじめしゃちょー
シルク!2人の腕にあの腕輪が!
てつや
てつや
シルク!今はやるしかない!
そして俺たちは仲間を取り戻すんだ!
ああ、そうだ!俺たちはみんなの思いと共に戦うしかない!
シルク
シルク
はじめさんとてつやはぺけをお願いします!俺はマサイを!
はじめしゃちょー
はじめしゃちょー
わかった
てつや
てつや
任せろ!
ルイズ
ルイズ
マサイ、ぺけたん!
そいつらの宝石も奪え!!
マサイ
マサイ
はい、ルイズ様
ぺけたん
ぺけたん
かしこまりました
マサイ、ぺけ絶対にお前らを元に戻してやる!












































はじめしゃちょーside
はじめしゃちょー
はじめしゃちょー
ぺけたん!思い出して!
6年前に誓ったことを!
てつや
てつや
そして、お前の仲間のことを!
俺とてつやでぺけたんを説得するが相手は聞く耳を持たない、そら達だってそうだった。
ぺけたん
ぺけたん
うるさいです……早く宝石を奪われてください
てつや
てつや
しゃちょー、やるしかないみたいです
はじめしゃちょー
はじめしゃちょー
うん、行こう!てつや!
てつや
てつや
はい!
てつやが前に出る。
てつや
てつや
炎天乱舞!!
てつやが攻撃をする!
ぺけたん
ぺけたん
エターナルウィング!
てつやの太陽の攻撃は風でかき消されてしまった。
はじめしゃちょー
はじめしゃちょー
てつや!下がって!
スカイフェザー…スナイパー!!
ぺけたん
ぺけたん
━━━━っ!!
ぺけたんに効いているようだった
はじめしゃちょー
はじめしゃちょー
ぺけたん!君は誓ったんだろ?!
2人の分まで幸せに生きるって!
その誓いを無駄にしないで!!
てつや
てつや
お前の大切な居場所をこれ以上壊すな!
ぺけたん
ぺけたん
……くっ!
ぺけたんはナイフを俺たちに向かって投げた
すかさずてつやが太陽の盾で守る!
てつや
てつや
炎華絶壁!!
はじめしゃちょー
はじめしゃちょー
君だってこんな事したくないだろ!?
せっかくできた居場所を失いたくないだろ!?
ぺけたん
ぺけたん
うるさい、うるさい、うるさい!!
彼はナイフを投げ続ける!
てつや
てつや
お前はメンバーやみんなを取り返したいんだろ!?お前の大切な2人の宝石も!
だから目を覚ませーー!!
てつやは今までにない力を見せる。
てつや
てつや
炎華開花!!!
太陽の盾は太陽の花となりぺけたんにぶつける
ぺけたん
ぺけたん
!!
ぺけたんはその場に膝を着いた







































シルクside
シルク
シルク
マサイ!!目を覚ませ!
マサイ
マサイ
シルクロード……!!
マサイは銃を撃った。
俺は素早くかわし、マサイの拳銃を蹴り飛ばす。
マサイ
マサイ
………!
シルク
シルク
マサイ!!お前は天然で優しい、フィッシャーズのサブリーダーだ!お前は、こんな事望んでないだろ!!
マサイ
マサイ
……っ!
マサイは俺を蹴り飛ばそうとしたが、俺はそれを受け流す!
シルク
シルク
あの時のようには、行かねぇぜ
絶対に2人を元に戻す!
そして激しい攻防戦は続く
シルク
シルク
はあああ!
マサイ
マサイ
はあああ!!
マサイ、お前と初めて遊んだあの日、俺はすごく嬉しかったんだぜ!そしてお前と一緒に居るうちにお前は俺に心を開いてくれたよな!以前は俺の事嫌いだったマサイが今は1番の親友なんだぜ!
だから………!
シルク
シルク
マサイ、目を覚ませ!
俺はマサイに向かう。俺は手に炎を纏った
それはいつもの強い炎ではなく、優しい灯火……
シルク
シルク
黄燐の灯火………
俺はその手をマサイの胸に置く、
マサイの心に届いてくれ
マサイ
マサイ
………!!
マサイは少し怯んだ。
シルク
シルク
マサイ………
ルイズ
ルイズ
んふふ……
さすがだね、だけどもう遊びはおしまい
さぁ、奴らの宝石を奪ってしまえ!
ぺけとマサイは同じ場所に立っていた。ふたりは両腕を掲げ腕輪を俺たちに向けた!
てつや
てつや
ぺけたん……!
はじめしゃちょー
はじめしゃちょー
マサイ……!
俺は信じるお前たちはこんな事出来ないって!
ぺけたん
ぺけたん
……………
マサイ
マサイ
……………
腕輪から光の弾が放たれようとした瞬間だった!ふたりは俺たちではなくルイズに向かって放った!
ルイズ
ルイズ
グッ!があぁぁぁぁ!!
シルク
シルク
……!!
ぺけたん
ぺけたん
俺たちの攻撃が効かないなら!
マサイ
マサイ
これでどうだ!?
ぺけ!マサイ!よかった……!本当に
ルイズ
ルイズ
ああああああああぁ………
てつや
てつや
どうだ!?
しかし、ルイズに放たれた弾は消えてしまった。
ぺけたん
ぺけたん
!?
マサイ
マサイ
そんな!?
ルイズ
ルイズ
んふふふふ……残念だったね
俺には君たちみたいに宝石はないんだ…
はじめしゃちょー
はじめしゃちょー
なんだって?!
宝石を持たないだって!?
ルイズ
ルイズ
まさか腕輪の効果が切れるなんて思わなかったよ。まぁでも君たちはここで終わりだね
そう言ってルイズはふたりの腕輪を消した!
シルク
シルク
ぺけ……マサイ……
マサイ
マサイ
すまない……シルク……
ぺけたん
ぺけたん
俺たちの……思い……託したよ……
ドサッ………×2
シルク
シルク
マサイ!ぺけ!!
はじめしゃちょー
はじめしゃちょー
マサイ!ぺけたん!
君たちが居なくなったらシルクは……!
マサイ
マサイ
はじめさん……シルクなら……きっと…俺たちを取り返してくれる……俺たちは…それを信じる……
ぺけたん
ぺけたん
それは……てつやも……同じだよ……
てつや
てつや
ぺけたん……マサイ……
マサイ
マサイ
俺たちのリーダーは……こんな事で挫けるやつじゃない……そうだろ……?……シルク…………
シルク
シルク
ああ……俺は絶対にお前らを!
お前らの思いしっかりと託された!!
ぺけたん
ぺけたん
それでこそ……俺たちのリーダーだ…
ふたりが消えていく……
マサイ
マサイ
ぺけ……消えるのが……怖いか……?
ぺけたん
ぺけたん
ううん……怖くない……シルク達が……きっと…やってくれるから………マサイは……?
マサイ
マサイ
俺も……同じ気持ちだ……
マサイはぺけの手をそっと握った……
ぺけたん
ぺけたん
なんか……安心する……
シルク……あとは……お願い……
マサイ
マサイ
頼んだぜ……リーダー………
俺の親友……
ふたりは完全に消えてしまった……
ああ、任せろ……絶対にやってやる
ルイズ
ルイズ
さぁ……残るは君たちだ!
てつや
てつや
ルイズ……!!
はじめしゃちょー
はじめしゃちょー
お前は絶対に許さない……!
はじめさんが今までにない低い声でそう言う。
シルク
シルク
はじめさん?
はじめしゃちょー
はじめしゃちょー
俺の仲間、親分、そしてついには俺の後輩まで奪った!!お前だけは何がなんでも許さない!!
はじめさんは今までにない怒りだった!
そしてはじめさんの宝石が今まで以上に強く輝いていた!
はじめしゃちょー
はじめしゃちょー
この天空の能力の持ち主、はじめしゃちょーがお前を倒してみせる!
てつや
てつや
しゃちょー……!
はじめしゃちょー
はじめしゃちょー
てつや、シルク俺が必ずあいつを弱らせるからその時は2人がトドメを指して!
シルク
シルク
はじめさん!一体何を!?
・.━━━━━━━━━━━━†━━━━━━━━━━━
星月(作者)
星月(作者)
第16話はここまでです(*`・ω・*)ゞ
ついにリーダーとはじめしゃちょーが残ってしまいました!
てつや
てつや
はじめさん!一体何を!?
シルク
シルク
まさか!はじめさん!!
はじめしゃちょー
はじめしゃちょー
こいつだけは許しては置けない!
何としてでもこいつを倒す!
俺の力で!
星月(作者)
星月(作者)
それでは次回までバイバイ👋