無料ケータイ夢小説ならプリ小説 byGMO

第5話

第3話
しばゆーside
次の日、俺はてつやと一緒にポンスとトミックさんの家に向かった。ポンスが「ママは?」と聞くと心が痛む
てつや
てつや
ポンス、ママはちょっとお仕事があってしばらくは帰れないからトミック兄ちゃんたちと遊ぼうか!
ポンス「(☆ω☆*)」
しばゆー
しばゆー
済まないてつや
てつや
てつや
いいってことよ!
そうしているうちにトミックさんの家に着いた
トミック
トミック
やぁ!
ヒカキンさんから話は聞いてるよどうぞ
てつや
てつや
ありがとうトミックさん
しばゆー
しばゆー
すみませんトミックさんこんなことになって
トミック
トミック
いいよ!俺は戦えないし俺に出来るのはこれくらいだからね。
トミックさんは暖かく俺たちを迎えてくれた。
俺の足ものにはルトとロゼがいる
ฅ(>ω<ฅ)ニャー
(ฅ・Д・ฅ)ニャー
ポンス「にゃーにゃー」
しばゆー
しばゆー
ポンスー、ルトとロゼだよー
トミック
トミック
しばゆー、もし良かったらしばらくうちに泊まりなよ
しばゆー
しばゆー
そんないいよ
トミック
トミック
きっとパパがいた方がポンスも落ち着くと思うから。
しばゆー
しばゆー
わかった
お世話になります。
てつや
てつや
しばゆー、
絶対にあやなんを取り戻そうな!
しばゆー
しばゆー
ああそうだな!
トミック
トミック
俺もできることはするよ
てつや
てつや
ありがとうトミックさん
やっぱりトミックさんはいい人だな……
ポンス……絶対にあーちゃんを取り戻すからな!
こうして俺はしばらくトミックさんの元にお世話になることにした。










































きょんside
昨日やるっちゃんが現れたでもやるっちゃんがあやなんさんを……やるっちゃんはそんなことするやつじゃない!
きょん
きょん
…………
千里眼で一通り探したが見つからない
ここはあるダンススタジオここではと思い、来たのだが居ない。
きょん
きょん
やるっちゃん……
ザカオ
ザカオ
きょんくん?
そこにザカオさんが来た
きょん
きょん
ザカオさん……
ザカオ
ザカオ
もしかして、やるっちゃんのこと?
きょん
きょん
はい……俺たちが早く見つけていれば
あやなんさんは……
しばゆーさんに申し訳ないです………!
ザカオ
ザカオ
きょんくん……
大丈夫、きょんくんのせいじゃない
だから次にやるっちゃんが現れたら
止めよう?俺たちも協力するからさ
きょん
きょん
ありがとうございます…
くま
くま
ザカオさんの言う通りだよ!
きょんちゃん!
ひょっこりとくまとえいじが出てきた
えいじ
えいじ
そんな面きょんらしくねぇーよ!
ザカオ
ザカオ
だから頑張ろ?きょんくん!
きょん
きょん
はい……!
「それでこそきょんちゃんだよねー」
えいじ
えいじ
!!
くま
くま
その声は!
きょん
きょん
やるっちゃん!!
わたぼう
わたぼう
やぁ!くまとえいじも久しぶり
やるっちゃんが現れた!今度は逃がさない!
絶対に止めてやる!
わたぼう
わたぼう
それに運のいいことにフィッシャーズのザカオさんが居る……
ザカオ
ザカオ
君がわたぼうだね?
どうしてあやなんを!?
わたぼう
わたぼう
それはあの方の命令です。
えいじ
えいじ
おい、わたぼう!
目を覚ませ!どうしたってんだよ!?
くま
くま
やるっちゃん!!
きょんくまハウスに帰ろう!?一緒に!
わたぼう
わたぼう
それは出来ないね!
くま、えいじどいて!
そう言ってやるっちゃんはくまとえいじを鉄球です吹っ飛ばした
えいじ
えいじ
グッ!!
くま
くま
うう……
きょん
きょん
くま!えいじ!
ザカオ
ザカオ
わたぼう!辞めるんだ!
君はきょんくまのなかまだろ?!
わたぼう
わたぼう
確かにきょんくまの仲間でしたが
私はあの方の命令を遂行するだけです。
きょんちゃん、ザカオさんあなた達の
宝石いただきます!
そう言うとやるっちゃんは腕輪のに付いている宝石を俺たちに向けた。
ザカオ
ザカオ
わたぼう!!
きょん
きょん
やめて!やるっちゃん!!
わたぼう
わたぼう
さようなら、きょんちゃん……
次の瞬間、腕輪の宝石から光の弾が放たれた
ザカオ
ザカオ
!!
きょん
きょん
!!
俺は目をつぶった




ザシュッ!「がァ!!」
ザシュッ!「うっ!!」









































俺とザカオさんはゆっくり目を開ける
体に変化はないだけどさっきのは……
前を向くと………
きょん
きょん
くま……?えいじ……?
バタ
バタ
えいじ
えいじ
うっ……きょんちゃん………
くま
くま
ザカオ………さん………
ザカオ
ザカオ
しっかりしろ!!ふたりとも
2人の体から宝石が出てきた
わたぼう
わたぼう
くまとえいじの宝石か……まぁいいかな
きょん
きょん
くま、えいじ!!
ザカオ
ザカオ
俺たちを庇って……!
2人の体が透けて光の粒が出てきた
これはあやなんさんの時の!!
きょん
きょん
嘘だ!くま!えいじ!!
えいじ
えいじ
きょん………わたぼうを………
しっ…かり……しろ………
くま
くま
きょん……ちゃん………ごめんね……
ザカオ
ザカオ
そんなこと言うな!
君たちがいなくなったら
きょんくんは!!
きょん
きょん
嫌だ!くま、えいじ!消えないで!!
どんどん光の粒が増えてくる
えいじとくまが消えていく
えいじ
えいじ
すまねぇ……きょん…ちゃん……
くま
くま
やるっ……ちゃんを…お願い……ね……
そう言って2人は光の粒になって消えた……
きょん
きょん
くま……えいじ……!
そんな……いや………
あああああああああああああああああああああああああああ!!
ザカオ
ザカオ
くま、えいじ……!
わたぼう!君はこんなことして
何も思わないのか?!
わたぼう
わたぼう
僕にはそんな心もうあの方に差し上げました。ただ僕はあの方の命令に従うだけです
きょん
きょん
くま………えいじ…………
ザカオ
ザカオ
きょんくん!しっかり!!
わたぼうを止めるんでしょ?!
わたぼう
わたぼう
あの二人の宝石は貰っていきますね
それで……!?
誰かがわたぼうの左肩を撃った
「逃がさねぇーぞ!」
ザカオ
ザカオ
!!マサイ!
マサイ
マサイ
ザカオ!きょんちゃん!無事か?!
ザカオ
ザカオ
俺は大丈夫だけどきょんちゃんが!!
きょん
きょん
あ……ああ………
ぺけたん
ぺけたん
きょんちゃん!しっかり!!
マサイさんに続いてぺけたんさんも来た!
わたぼう
わたぼう
フィッシャーズのマサイとぺけたん!
ちょうどいいですね……ついでにあなた達の宝石もいただきます!
ザカオ
ザカオ
ふたりとも!彼の腕輪に気をつけて!!
それから放たれた弾でくまとえいじが!!
ぺけたん
ぺけたん
させない!!
ぺけは素早く腕輪にナイフを投げた
バリーン
片方の腕輪の宝石が壊れた
わたぼう
わたぼう
!!くっそ!
きょん
きょん
やるっちゃん……もう……やめて……!
わたぼう
わたぼう
うるさい!僕はまだ!!
マサイ
マサイ
もう辞めろ!
この人数だとお前は不利だぞ!!
わたぼう
わたぼう
……くっ!!
「わたぼう、もう終わりだよ」
ザカオ
ザカオ
誰だ!!
ないとー
ないとー
やぁ久しぶり
マサイ
マサイ
ないとーさん!?
わたぼう
わたぼう
ないとーさん……
ないとー
ないとー
ごめんねわたぼう
君は片方腕輪を壊された……
君はここでサヨナラだよ?
わたぼう
わたぼう
そんな……!!
まだ僕は!!
ないとー
ないとー
気持ちは分かるよ
だけどあの方がそう言っているからね?
ぺけたん
ぺけたん
何をするつもり?!
きょん
きょん
やるっちゃん!!
ないとー
ないとー
ごめんねわたぼう……
せめて君の成果としてこの宝石は持って行ってあげるから
そう言ってないとーさんは
やるっちゃんにの腕輪を粉々に壊した!
わたぼう
わたぼう
あ………
バタッ……
きょん
きょん
やるっちゃん!!
ないとー
ないとー
じゃあね!また会おう!
だけどその時は容赦しないからね?
ザカオ
ザカオ
待て!
マサイ
マサイ
ないとーさん!!
ぺけたん
ぺけたん
!わたぼう!!
きょん
きょん
やるっちゃん、やるっちゃん!!
わたぼう
わたぼう
……うっ…
きょん……ちゃん……
ごめんね……俺は……操られて…
くまと……えいじを……
きょん
きょん
やるっちゃんのせいじゃない!
やるっちゃん!宝石は?!
わたぼう
わたぼう
僕の宝石は…腕輪をつけられる前に
奴らに……奪われた……
だから……もう………
ぺけたん
ぺけたん
そんな!!
やるっちゃんがどんどん光の粒になって消えていく
きょん
きょん
嫌だ!やるっちゃんまで!
俺を置いてかないで……!
わたぼう
わたぼう
きょんちゃん……自信を持って…
そうすれば必ず……くまもえいじも戻ってくるから……
マサイ
マサイ
しっかりしろ!!わたぼう!!
わたぼう
わたぼう
ザカオさん……マサイさん……
ぺけたんさん……ごめんなさい……
きょんちゃんを…お願いいたします……
ザカオ
ザカオ
そんな!
わたぼう!!
わたぼう
わたぼう
きょんちゃん……
皆さん……あいつには……
気をつけて……
あいつは皆さんの宝石を…
狙っています
やるっちゃんは光の粒になって消えた
きょん
きょん
やるっちゃん……!
ぺけたん
ぺけたん
きょんちゃん………
ぺけたんさんは泣いてる俺の肩を抱いてくれた
きょん
きょん
うあ゙ぁあ ・゚・(´Д⊂ヽ・゚・ あ゙ぁあぁ゙ああぁぁ
ぺけたん
ぺけたん
うん……泣いていいよ……
辛いよね……大丈夫俺達がいるから…
だから一緒に取り戻そう……3人を
でも今は思う存分泣きな……
きょん
きょん
うあ゙ぁあ ・゚・(´Д⊂ヽ・゚・ あ゙ぁあぁ゙ああぁぁ
えいじ!くま!やるっちゃん!
その日はマサイさんの家で3人とも一緒にいてくれた。俺は子供かってぐらい泣いた。
そして決意した絶対に3人とも取り返して見せる!!
・.━━━━━━━━━━━━†━━━━━━━━━━━
星月(作者)
星月(作者)
第3話はここまでです(*`・ω・*)ゞ
きょん
きょん
くま…えいじ…やるっちゃん…
絶対に取り返すからな!
マサイ
マサイ
そして新たに登場したないとーさん!
ザカオ
ザカオ
次は一体誰が狙われるのか?
ぺけたん
ぺけたん
彼らの目的は?
しばゆー
しばゆー
それでは次回まで
トミック
トミック
バイバイ👋