無料ケータイ夢小説ならプリ小説 byGMO

第43話

第39話
てつやside
【サイエンスバー】
カランカラン
虫眼鏡
虫眼鏡
ドクター来たよー
りょう
りょう
おじゃましまーす
ドクター
ドクター
いらっしゃい東海のみんな
てつや
てつや
おっす!
としみつ
としみつ
久しぶりに来たなー
俺たちは動画の打ち合わせのためにドクターの元へ来た。
胡蝶 蘭
胡蝶 蘭
みんな寒かったでしょ?
はい、暖かいもの作っといたわよ?
ゆめまる
ゆめまる
ありがとうございます蘭さん
蘭さんはあの日以来ドクターのバーで働いている。燐さんはカメラマンをしている。雫さんは東京で美容師の見習いをしている。
しばゆー
しばゆー
もうここには慣れたの?
胡蝶 蘭
胡蝶 蘭
ええ!お陰様で!このお店も繁盛しているわ!
虫眼鏡
虫眼鏡
それなら良かった
ドクター
ドクター
彼女が来てから売り上げがいいんだよねー
りょう
りょう
いやいやΣ\( ̄― ̄;)
俺たちはコーヒーを飲みながら打ち合わせをした。

1時間後
としみつ
としみつ
…………
胡蝶 蘭
胡蝶 蘭
としみつー?どうしたの?
としみつ
としみつ
ああ、ちょっと考え事……
ゆめまる
ゆめまる
おいおい寝不足か?
としみつ
としみつ
そ、そんなんじゃねぇーがや
胡蝶 蘭
胡蝶 蘭
何かあったら相談に乗るよ?
としみつ
としみつ
ありがとう
りょう
りょう
としみつ?眠いなら俺ん家来る?
としみつ
としみつ
うん……そうする…
虫眼鏡
虫眼鏡
(りょうくんなにか企んでるな…)
てつや
てつや
(あの顔は間違いねぇ……)
にしてもとしみつが眠そうだ……
胡蝶 蘭
胡蝶 蘭
最近眠れないのかい?
としみつ
としみつ
ああ、そんな感じ……
ドクター
ドクター
ちょっと休んだ方がいいかもしれないね
しばゆー
しばゆー
そーいえば最近あーちゃんも寝れてない…
ゆめまる
ゆめまる
しばゆーそういう時はそばで一緒に寝てあげたらいいよ?
しばゆー
しばゆー
ありがとうゆめまる!
胡蝶 蘭
胡蝶 蘭
奥さん大切にね
虫眼鏡
虫眼鏡
それじゃあドクター僕達は行くよ
仕事頑張ってね
ドクター
ドクター
うん、またおいで
胡蝶 蘭
胡蝶 蘭
ありがとうございましたー
俺たちはバーを出た。帰り道を歩いていると気配を感じた。
東海オンエア
東海オンエア
(; ・`д・´)ハッ
りょう
りょう
結界があるね………
としみつ
としみつ
この近くだ…!
ゆめまる
ゆめまる
……そこまで強くなさそうだ
てつや
てつや
行くぞ!
しばゆー
しばゆー
OK
虫眼鏡
虫眼鏡
みんな気をつけて
俺たちは気配のする結界に入っていった。
しかしその結界はいつもと違った。まるで館の廊下のようなところだった。
としみつ
としみつ
なんだ?これ……
しばゆー
しばゆー
今までの気配のじゃない………
りょう
りょう
結界の様子が明らかに違いすぎる
ゆめまる
ゆめまる
一体なんなんだ?
カツカツ………
足音がする。こっちに向かっている!
虫眼鏡
虫眼鏡
みんな構えて!
てつや
てつや
来るぞ!
足音の主は直ぐに現れた
ナイトメア
ナイトメア
あ………が………
としみつ
としみつ
なんなんだ…?こいつ……
りょう
りょう
いつもの化け物と違う!
ナイトメア
ナイトメア
が……ああ……
しばゆー
しばゆー
ライトニングショック!
しばゆーが矢を放つ。奴には効いてるぽいが
ナイトメア
ナイトメア
か………アッハハハハハハハハハハハハハハハハハハハハハハハハハハハハ
ゆめまる
ゆめまる
しばゆーの攻撃は聞いているはず…
謎の化け物はしばゆーに向かって突進した。
しばゆー
しばゆー
……!!
虫眼鏡
虫眼鏡
しばゆー避けて!
間一髪のところでしばゆーは避けた。
ナイトメア
ナイトメア
………
奴の頭の目が俺たちをじっと見つめる。
としみつ
としみつ
そっちがその気なら……!
としみつが謎の化け物に向かって走っていった
虫眼鏡
虫眼鏡
待って!としみつ!
としみつが鎖鎌を振りかざした瞬間だった
ナイトメア
ナイトメア
………!!
化け物の無数の目が見開き、としみつを捉えていた。
としみつ
としみつ
━━━っ!
バタッ……
化け物と目が合ったとしみつはその場に倒れた。
りょう
りょう
としみつ!!
としみつは気を失っていた
化け物は持っている刀を抜く。そしてとしみつに振りかぶる。
りょう
りょう
やめろ!
りょうが双剣で化け物の刀を防ぐ。
ナイトメア
ナイトメア
……ああ……がァァ…
りょう
りょう
っ!強い!このままじゃ……
てつや
てつや
りょう伏せろ!
炎舞曼荼羅!
俺はりょうに伏せるよう叫び、太陽の弾幕を放った
ナイトメア
ナイトメア
があああ……
化け物は体制を崩した。りょうはその隙にとしみつを救出する。
りょう
りょう
としみつ、起きて!としみつ!!
りょうが揺すってもとしみつは目を覚まさない。
虫眼鏡
虫眼鏡
みんな!あの目に気をつけて!
ゆめまる
ゆめまる
だったら目を攻撃すれば……!
しばゆー
しばゆー
任せて!ライトニングレーザー!!
しばゆーは化け物の目に向かって矢を放つ。
すると奴の目のひとつに当たる。
ナイトメア
ナイトメア
っがあぁぁぁぁ……
てつや
てつや
やっぱり目が弱点だ!
サンシャインシューティング!!
俺も同じように目に攻撃をする。
それで顔の周りにある目は全て消えた。
ゆめまる
ゆめまる
あとはあの目だけだ!
その時、化け物は急に消えた!
しばゆー
しばゆー
どこだ!?
そしていつの間にかとしみつとりょうの所に化け物はいた
ナイトメア
ナイトメア
……ケケケ………
りょう
りょう
……!!
虫眼鏡
虫眼鏡
りょうくん!にげて!
化け物はりょうに向かって刀を突き刺す。
りょう
りょう
……っ……!
しばゆー
しばゆー
りょうくん!!
りょう
りょう
……ああ……
刀はりょうの右肩に刺さった。としみつを守るような形で……
彼の右肩から血が流れる……
ゆめまる
ゆめまる
りょうくんから離れろ!
ゆめまるの大斧が化け物に命中し、化け物は体制を崩した
ゆめまる
ゆめまる
りょうくん!しっかり!
りょう
りょう
……うぅ……僕より……としみつを……
化け物はまた立ち上がる
しばゆー
しばゆー
よくもりょうくんととしみつを!てつや!
てつや
てつや
ああ!行くぞ!しばゆー!
虫眼鏡
虫眼鏡
僕もこれは許せない
ナイトメア
ナイトメア
……アッハハハハハ……
虫眼鏡
虫眼鏡
はああ!!
虫さんは化け物に向かって走り、刀を持っている方の腕を薙刀で切り落とした。
ナイトメア
ナイトメア
があああ!!
もう片方の手が虫さんに襲いかかる。虫さんは薙刀で攻撃を防いだが、なんと切り落とした方の腕が再生された!
虫眼鏡
虫眼鏡
なっ……
てつや
てつや
虫さん!
その腕は鋭く尖っていた。化け物はその腕を虫さんに刺そうとする。その時だった。
化け物の動きが止まった。
虫眼鏡
虫眼鏡
何が起きたの?
「今だ!やつを倒せ!!」
しばゆー
しばゆー
え!?
「早くしろ!」
この声……どこかで……
てつや
てつや
しばゆー行くぞ!
しばゆー
しばゆー
ああ!
とりあえず俺としばゆーは化け物にトドメを指す。
てつや
てつや
サンシャイン・サンダーアロー!!
しばゆー
しばゆー
サンシャイン・サンダーアロー!!
ナイトメア
ナイトメア
がああぁああああ!!!
矢は奴の目に命中し、化け物は消えた。
しばゆー
しばゆー
りょうくん!?
りょう
りょう
っ…大丈夫……それよりとしみつは…?
としみつはまだ眠ったままだった。
ゆめまる
ゆめまる
おい起きろ!としみつ!!
呼びかけても目は覚めない……
てつや
てつや
………なぁ出てこいよ……
そこにいるんだろ……?
「気づいていたのか……」
てつや
てつや
ああ、お前なんだろ?シーラ
俺がそう言うと、声の主が現れた
虫眼鏡
虫眼鏡
え!?なんで…ここに……?
シーラ
シーラ
久しぶりだな……東海オンエア
とにかく早くそいつの目を覚まさせるぞ!
ゆめまる
ゆめまる
このことについて知っているんだな?
シーラ
シーラ
ああ、説明は後だ。早くしないと二度と目を覚ますことはなくなるぞ
しばゆー
しばゆー
………
シーラ
シーラ
信じられないのはわかる…たけど今は信じてくれ!今から相棒の元へ向かう
そう言ってシーラは俺たちを空間移動させた。











空間移動で来た場所にはフイッシャーズときょんくまそしてヴィクターがいた。
シルク
シルク
てつや!?
てつや
てつや
シルク……?
ンダホ
ンダホ
待って!どうしたのりょうくん!?
りょう
りょう
っ………
モトキ
モトキ
何があったの!?
ダーマ
ダーマ
とにかく早く治療を!!
りょう
りょう
僕よりも……としみつを……
ぺけたん
ぺけたん
としみつ!?
ぺけたんがとしみつをおぶっているゆめまるに駆け寄る。
マサイ
マサイ
一体どうしたんだ!?
ゆめまる
ゆめまる
としみつが目を覚まさない!
きょん
きょん
なんだって!?
ヴィクター
ヴィクター
シーラ、お前が言っていたのはこの事か?
シーラ
シーラ
ああ、そうだ
くま
くま
とにかく2人ともこちらへ!
としみつとりょうはベットに寝かされた。
りょうの治療は直ぐに終わった。
としみつは未だに目を覚ますことは無かった…
・.━━━━━━━━━━━━†━━━━━━━━━━━
星月(作者)
星月(作者)
第39話はここまでです(*`・ω・*)ゞ
りょう
りょう
謎の化け物によって眠らされてしまったとしみつ
ザカオ
ザカオ
果たして彼を目覚めされることはできるのか!?
わたぼう
わたぼう
そして、ヴィクターとシーラが現れた理由とは!?
星月(作者)
星月(作者)
それでは次回までバイバイ👋