無料ケータイ夢小説ならプリ小説 byGMO

第67話

第63話
ぺけたんside
[財部亮治が意識を失った直後]
魏妖魔
魏妖魔
これで邪魔者はいないな………
ぺけたん
ぺけたん
…………
ラベさん……俺を守ろうとして……
なんでこんな時に戦えないの………?
魏妖魔
魏妖魔
さてと……お前は一緒に来てもらおうか
ぺけたん
ぺけたん
……!!
魏妖魔
魏妖魔
おっと抵抗しない方がいいぜ?
アイツみたいになるぞ?
逃げなきゃ………ここから……
ぺけたん
ぺけたん
…………
魏妖魔
魏妖魔
お前、声も能力も失ってるんだろ?
そうだ……そんな俺をラベさんは守ろうとして……!こいつを許せない!だけどそれ以上にこんな俺が許せない……!
ぺけたん
ぺけたん
……………
俺はその場から逃げようとするが、腕を掴まれた。俺は必死に抵抗する
魏妖魔
魏妖魔
はぁ〜本当はこんな事したくはねぇのにさ
魏妖魔は俺のみぞおちを殴った
ぺけたん
ぺけたん
…………!!
そして俺は意識を失った。




















目が覚めると俺は何も無い部屋にいた。
ぺけたん
ぺけたん
………?
ここはどこ………?
!ラベさんは!?
立ち上がろうとすると体が動かなかった……
俺は椅子に拘束されていたからだ。
ぺけたん
ぺけたん
………!?
魏妖魔
魏妖魔
やっと目覚めたか……
そう言って魏妖魔が部屋に入ってくる。
魏妖魔
魏妖魔
なぜ……お前を連れてきたと思う?
お前はいいトラウマを持っていたからだ
トラウマ………?
魏妖魔
魏妖魔
6年前のことだ……相当ショックだったよな?
ぺけたん
ぺけたん
………!?
なんで……あの時のこと知ってるの?
でも俺は………
ぺけたん
ぺけたん
…………
2人の分まで生きるって決めたんだ!
魏妖魔
魏妖魔
呪いの歌声……そう、お前のその歌声で2人は死んだ………!
違う………!
魏妖魔
魏妖魔
お前の歌声のせいで誰かが傷つく……
違う俺は………!俺は涙が溢れるのを堪えて魏妖魔を睨む
ぺけたん
ぺけたん
━━━!
魏妖魔
魏妖魔
現に、お前のせいでアイツは怪我をして傷ついた!
ぺけたん
ぺけたん
…………
ラベさん………
魏妖魔
魏妖魔
そしてお前にはその歌声に縋るしかない……そうでなければあの居場所に居られないから……
ぺけたん
ぺけたん
……………
魏妖魔
魏妖魔
しかし、声も能力も失った今、その居場所すらもなくなった……
違う……俺は…シルク達と……!
魏妖魔
魏妖魔
歌えなくなったお前になんの価値もない…
ぺけたん
ぺけたん
…………
確かに歌えないなら…俺はもう……
魏妖魔
魏妖魔
だったらその呪いの力で全てを壊せ
魏妖魔は俺の顔を無理やり上げ顔を近づける
ぺけたん
ぺけたん
…………!
魏妖魔
魏妖魔
仲間も……夢も…思い出も……全て壊せ
壊す……?嫌だ……そんな事したくない!
ぺけたん
ぺけたん
………!
魏妖魔
魏妖魔
お前の生きる意味はそれしかない……その力に縋り全てを壊せ
そう言うと魏妖魔は無理矢理俺にキスをする
ぺけたん
ぺけたん
!?
嫌だ……マサイ以外の人と……
抵抗しようにも拘束されて動かなかった
魏妖魔は唇を離すと俺に耳打ちをする。
魏妖魔
魏妖魔
俺に身を委ねろ………お前にはもう何も無い…そしてそのトラウマ、恐怖で全てを壊せ……
ぺけたん
ぺけたん
…………
すると魏妖魔は右手を俺の目の前に出した。その手には紋章がある。紋章は怪しく光だした。俺はそれを見つめる。
魏妖魔
魏妖魔
お前の生きる意味……それは呪いを背負い全てを壊すことだ……仲間も、夢も、思い出も全て……邪魔する者はその手で殺せ
意識が遠のいていく………



俺には何も無い……
声も能力もない……
歌えないなら………
誰も……俺の事……
大切な人……………?
誰だっけ……
















俺は全てを壊すための存在………
コワセ……コワセ………
ジャマスルヤツラハミンナコロセ………


































スベテヲコワス……ナカマモ、オモイデモ、ユメモ………ナニモカモ……ソレガオレノイキルイミ…
魏妖魔
魏妖魔
あはは……そうだお前は呪わせた存在!だったら全てを壊せ!何もかも!






















シルクside
[次の日]
俺達はカイトとかなでのことを報告するためにUUUMに集まっていた。
ヒカキン
ヒカキン
カイトくんこの前はありがとう!
セイキン
セイキン
君の情報のおかげで世界は救われたよ
カイト
カイト
いいえ…俺に出来ることはこれくらいしか無かったので…
てつや
てつや
シルク達から話は聞いていたけど、黄泉の国の番人って凄いんだな
二人の事を説明し、最初はみんな驚いていたが段々受け入れてもらっていた。
ジェニー
ジェニー
か、かなでさんが目の前に……!
かなで
かなで
(* ´ ˘ ` *)
ないとー
ないとー
ジェニー少し落ち着きな
そら
そら
お、落ち着いてられないよ!
だって人気モデルだったかなでさんがいるんだもん
かなで
かなで
(* ´ ˘ ` *)ありがとう
かなでなんか既に仲良くなってる
カイト
カイト
……かなで……一応目的があるからな?
かなで
かなで
わかってるわよ笑
ヴィクター
ヴィクター
……本当に死人なのか?
シーラ
シーラ
まぁ信じるしかないだろ
しばゆー
しばゆー
す、すごい人達だ…
虫眼鏡
虫眼鏡
と、とにかく情報共有しようか?
俺達はラベさんが導いた手がかりを話した。もちろんはじめさんの事も
カイト
カイト
あの場に誰かいた?
はじめしゃちょー
はじめしゃちょー
正確には俺に取り憑いた奴なんだけどね
かなで
かなで
私は化け物になっていたから分からなかったわ
カイト
カイト
俺も死ぬ直前だったから……
カンタ
カンタ
とにかく、その魏妖魔の正体が何者なのか
ンダホ
ンダホ
カイト、かなで魏妖魔について何か知ってる?
カイト
カイト
いや、黄泉の国の番人の話だと人間ではないみたいだ。
かなで
かなで
正確には''元''人間ね
ダーマ
ダーマ
元人間?
ディーパー
ディーパー
悪魔に魂を売ったってことですか!?
カイト
カイト
ああ、そうだ
魏妖魔は元人間?悪魔に魂を売った?
ないとー
ないとー
それならはじめさんに取り付いたのにも納得が行くね
モトキ
モトキ
ねぇ2人は魏妖魔のこと知ってる?
カイト
カイト
いや、見た事ない
かなで
かなで
私も同じ知らない人よ
じゃあなんで3人の関係を知っていたんだ?
ヒカキン
ヒカキン
それも謎だけど、1番はぺけたんの事だよ
としみつ
としみつ
確か、ぺけは奴に操られているんだろ?
かなで
かなで
ええそうよ
虫眼鏡
虫眼鏡
なら、どうやって彼の目を覚ますのかだね
カイト
カイト
おそらく、何らかの催眠に掛かってるな
てつや
てつや
催眠か……
ダーマ
ダーマ
俺たちの声は届かなかった……
俺たちの声が届かないならどうすれば
その時、かつやが口を開いた。
かつや
かつや
あの〜その事なんですが
もしかしたら解決出来るかもしれないです
マサイ
マサイ
え!?
シルク
シルク
一体どうやって?
かつや
かつや
としみつさんが眠ってしまった時に使った夢の花覚えてますか?
ヴィクター
ヴィクター
ああ、あれがどうした?
かつや
かつや
実は、夢の花の蜜が残ってるんです。
そして金木犀の花の蜜を調合したんです。
そしてないとーさんに協力してディーパーさんに催眠をかけてもらったんです。その結果綺麗にないとーさんの催眠をとくことが出来たんです。
ないとー
ないとー
これは僕もびっくりしたよ
僕の能力が簡単に解けたんだから
きょん
きょん
か、かつやくんいつの間に…
かつやは小さな小瓶をマサイに渡した。
かつや
かつや
もし、本当に声が届かないならこれを使ってください!
マサイ
マサイ
ああ、ありがとう
かつや
かつや
あ、決して毒では無いので!
ディーパー
ディーパー
俺にさんざん試したくせに……
そら
そら
まあまあヾ(^。^*)
かつや
かつや
あとダーマさんにはこれを
今度はダーマに1本の細長い小瓶を渡した。
ダーマ
ダーマ
これは?
かつや
かつや
あじさいから取り出した魔除の毒です!
ザカオ
ザカオ
魔除の毒?
かつや
かつや
はい!紫陽花は魔除の効果があるそうです。なのでこの毒を含ませた矢を魏妖魔に打ち込めば少しは弱まるのでは無いのでしょうか?
くま
くま
か、かつや!?毒も扱えるのか!?
かつや
かつや
え?僕の能力忘れました?
花の能力は蜜の他に毒も取り出せるんですよ?
かつや……すげー花から色々取り出せるなんて
ダーマ
ダーマ
すげーな笑
とりあえずこれはありがたく使わせてもらうぜ!
かつや
かつや
役に立つといいのですが……
りょう
りょう
いや、大丈夫だよ
相手が悪魔に近いからきっと役に立つよ
虫眼鏡
虫眼鏡
かつやくん!もしかして花の蜜を調合して色んなものが作れるのかい!?✧(✪д✪)✧
虫さんがいきなり目をキラキラされて言った
かつや
かつや
え?まぁ簡単な回復薬とか、痺れ薬とか…
ゆめまる
ゆめまる
おい、なんか嫌な予感がするぞ
しばゆー
しばゆー
同じく……
はじめしゃちょー
はじめしゃちょー
虫さん、今はぺけたんの事だよ!
虫眼鏡
虫眼鏡
(゜д゜)ごめん!つい理系の本能が……
てつや
てつや
危なかった………
カイト
カイト
………愉快な人達だな
かなで
かなで
(* ´ ˘ ` *)でも楽しそうだわ!
セイキン
セイキン
まぁこれがいつもの彼らだからね
カイトくん、かなでさんよろしくね
カイト
カイト
こちらこそよろしくお願い致します
財部亮治
財部亮治
今はぺけたんの目を覚まし、救出する事が次の目標だな。
シルク
シルク
ラベさん怪我は大丈夫ですか?
財部亮治
財部亮治
まだちょっと痛む……済まない…
俺が出来るのはここまでみたいだ
ラベさんの腕にはギブスをつけて肩には包帯が巻かれている
ンダホ
ンダホ
いえ、ここまでしてくれてありがとうございます。あとは俺達に任せてください!
カンタ
カンタ
シルク、俺達も手伝うよ!
そら
そら
俺も!
ふぇると
ふぇると
僕達だって!
シルク
シルク
ありがとうみんな……
絶対にぺけを助け出すぞ!!
全員「おう!!」
・.━━━━━━━━━━━━†━━━━━━━━━━━
星月(作者)
星月(作者)
第63話はここまでです(*`・ω・*)ゞ
よっち
よっち
かつやくんの能力が発揮されたね!
きょん
きょん
かつやくん、毒も取り出せるなんて……
恐ろしいコ、<○>Д<○>カッ
くま
くま
さすがに俺達に毒をしかけてねぇだろうな?
かつや
かつや
流石にそこまでしませんよ!
ディーパー
ディーパー
俺…実験体にされたんだけど……
かつや
かつや
あれは毒は入ってません!
よっち
よっち
……それでは次回までバイバイ👋