無料ケータイ夢小説ならプリ小説 byGMO

第53話

第49話
[UUUM]
シルクside
次の日俺達は情報共有のために集まった。
てつや
てつや
シルク、昨日は大変だったみたいだな
シルク
シルク
ああ、何とか帰ってこれた
ぺけたん
ぺけたん
としみつ、あれから大丈夫?
としみつ
としみつ
ああ、大丈夫だ……
ただあれから1時間は外に出られなかった笑
モトキ
モトキ
まぁ…眠っている時にあんな事されたらね…
りょう
りょう
えー、としくんまだ気にしてんの?
( ̄▽ ̄)
としみつ
としみつ
う、うるさいやい!///////////////
ぺけたん
ぺけたん
(( ̄▽ ̄;;)ア、ハハハハ…
東海メンバーはいつも通りみたいだ
そこにヴィクター達が入って来た
ヴィクター
ヴィクター
おはよう
しばゆー
しばゆー
あれ?ヴィクター達ってUUUM入って大丈夫なの?
シーラ
シーラ
ああ、それなら大丈夫だ
ヒカキンさんの助手となっているからな
虫眼鏡
虫眼鏡
あ…そうなんだ
シルク
シルク
ウィルは?
ヴィクター
ヴィクター
雫たちのところにいる。
マサイ
マサイ
そうか
この事件にウィルを巻き込む訳にはいかない、それから水溜まり、はじめさん、りく 、北打ち、ラベさん、ないとーさん、そら、ヒカキンさん、セイキンさん、きょんくまが来た。
セイキン
セイキン
急に集まってもらってごめんね。今日は情報共有をしたいと思っている。
ヒカキン
ヒカキン
まず、りくくんお願い
すしらーめんりく
すしらーめんりく
はい、皆さんが壊して行ったブラットナイトメアの決壊を地図にまとめたところ、ある場所の近くに集まっていました。その場所はここです。
りくがモニターに映った地図を指さす。そこは街から南に離れたところだった。
すしらーめんりく
すしらーめんりく
しかもここに明らかになかった建物を見つけました。
虫眼鏡
虫眼鏡
あ!本当だ……
財部亮治
財部亮治
見た感じ時計塔みたいだな
はじめしゃちょー
はじめしゃちょー
こんな所に時計塔なんて無かったよね?
トミー
トミー
いきなり現れたってことはここが奴らの拠点なのか?
ないとー
ないとー
そうかもしれないね。僕とそらがその近くに行ったら強い気配を感じたからね。
奴らの拠点?はわかった
シーラ
シーラ
これで奴らの拠点は掴めた……
あとは奴らよりも先に器を探し出し、守り抜くんだ
セイキン
セイキン
そうだねこのタイミングでシルクお願い!
シルク
シルク
はい
俺は昨日のことを話した。
ブラットナイトメアの幹部と戦ったこと
奴らは恐怖は集まったと言っていたこと
残るは魔女の魂を入れるための器ということ
ふぇると
ふぇると
問題はその器がどこなのかって所ですね
ゆめまる
ゆめまる
早く見つけないとその人が犠牲になって世界を破滅に導いてしまう……
ヴィクター
ヴィクター
なにか手掛かりが……
その時ディーパーが手を挙げた。
ディーパー
ディーパー
すみませんその事なんですが。
直接伝えたい人がいるみたいです。
モトキ
モトキ
え?
ヒカキン
ヒカキン
その人はどこに……?
ディーパー
ディーパー
はいその人は霊体なので皆さんに見えるようにしますね
てつや
てつや
れ、霊体!?
しばゆー
しばゆー
と、という事は……
ディーパー
ディーパー
はいここにいます
全員「えええええ!?」
ンダホ
ンダホ
((((;゜Д゜))))
ザカオ
ザカオ
((((;゜Д゜))))
ディーパー
ディーパー
大丈夫ですよ!皆さんの味方なので
セイキン
セイキン
ディーパーお願いしていい?
ディーパー
ディーパー
はい!
ディーパーはお祓い棒を掲げ唱える。
ディーパー
ディーパー
黄泉の国より来る魂よ……
その姿を我の前に示せ……
霊魂暗示!
そう唱えるとそこにいなかったはずの人物が現れる。その正体は………
ぺけたん
ぺけたん
…………え?
「久しぶりだなぺけ!」
ぺけたん
ぺけたん
カイ…ト……?
カイト
カイト
やっと話せるなぺけ!
シルク
シルク
カイト……お前…!
現れたのはカイトだった
てつや
てつや
あ、あの時の!?
としみつ
としみつ
この人がぺけの戦友……
カイト
カイト
世界が破滅の危機になりそうって聞いて居てもたってもいられなかったんだ。だけど霊体の姿ではお前たちに伝えることが出来なかった。そんな時霊媒の能力を持ったディーパーに頼んで付いてきたんだ。
ぺけたん
ぺけたん
カイト………
カイト
カイト
強くなったなぺけ……
あんなに臆病だったのに……
それに幸せそうで何よりだ!
ぺけは涙を堪えてカイトを見ていた。その様子を見たマサイがぺけのそばに寄り添う。
ヒカキン
ヒカキン
カイトくん、早速だが、君が伝えたいことを教えて欲しい
カイト
カイト
はい
カイトは話し始めた。
カイト
カイト
俺が知っていることは、魔女を封印した魔道士のことです。そしてそこから器の手掛かりが見つかるかもしれません。
シーラ
シーラ
魔女を封印した魔道士……
カイト
カイト
その魔導師は誕生と再生の魔導師です。
ヴィクター
ヴィクター
誕生と再生……
カイト
カイト
俺が調べたところ、元々は破滅の魔女となった少女の兄だったそうです。兄は妹と違って普通の見た目で唯一似ているのは白い髪……妹が魔女になった際、兄は再生の力で妹を封印し、後に誕生と再生の魔導師と呼ばれるようになったみたいです。
セイキン
セイキン
封印した魔導師は魔女の兄だったのか…
兄妹でそんな事が……こんな悲しい結末になるなんて……
カイト
カイト
これはあくまで俺の考察ですが、器は誕生と再生の魔導師の血を引くものだと思います。無論その人物がいたらの話ですが。魔女と血縁関係にあたる魔導師だったら器として適切かと…
もし、いないとしたら魔導師が転生した姿かもしれません
財部亮治
財部亮治
確かにその条件を満たしていれば器として適切だな
モトキ
モトキ
ねぇカイト?その魔導師は黄泉の国に居なかったの?
カイト
カイト
わからないが少なくとも俺とカナデは見ていない。
カイトがそう言った時カイトの体が透けてきた。
カイト
カイト
……もうそろそろ時間だな…
ダーマ
ダーマ
時間制限があったのか……
ヒカキン
ヒカキン
ありがとうカイトくん、あとは僕達に任せて
カイト
カイト
はい
ぺけたん
ぺけたん
………
カイト
カイト
ぺけ……少しの時間だったけどお前と話せて良かった
ぺけたん
ぺけたん
………( 。ŏ ﹏ ŏ)ウル
カイト
カイト
俺達はずっとお前を見守ってる……
だからお前は前に進んでくれ
ぺけたん
ぺけたん
カイト……!
カイト
カイト
マサイぺけを頼んだ
ぺけを幸せにしないと許さねぇからな!
マサイ
マサイ
ああ、もちろんだ絶対に幸せにする
カイト
カイト
ディーパーさんありがとう
ディーパー
ディーパー
いえいえ、手掛かりが掴めたので良かったです。
カイト
カイト
ぺけ…せめて笑顔で見送ってくれ
ぺけたん
ぺけたん
(。•́ωก̀。)…グス……うん
カイト
カイト
シルク、みんな絶対に世界を守ってくれ
シルク
シルク
ああ、もちろんだ!お前たちの思いも無駄にはしない
てつや
てつや
俺たちに任せろ!
カイト
カイト
ありがとう……じゃあな…
そう言ってカイトは黄泉の国へ帰ってしまった。
ぺけたん
ぺけたん
(ू˃̣̣̣̣̣̣︿˂̣̣̣̣̣̣ ू) 
マサイ
マサイ
ぺけ……
マサイはぺけを優しく抱き締めた。
ぺけはマサイの腕の中で静かに泣いていた。
ンダホ
ンダホ
ぺけ…カイトたちのためにも頑張ろう?
ぺけたん
ぺけたん
……うん……
その時、虫さんが何が思いついたかのように言った
虫眼鏡
虫眼鏡
………あれ!?ちょっと待って!
カンタ
カンタ
虫さん?
虫眼鏡
虫眼鏡
もし、カイトくんの考察が正しければ誕生と再生の力を持っている人かその生まれ変わりが器なんだよね?
ないとー
ないとー
その話で行くとそうだね
虫眼鏡
虫眼鏡
だとしたらウィルくんが危ない!
ザカオ
ザカオ
どういうこと!?
ヴィクター
ヴィクター
……!
虫眼鏡
虫眼鏡
ウィルくんの能力は再生の能力!
それに両親も分からない!だとしたら彼はその魔導師の血を引いているか生まれ変わりかもしれない!
ウィルが魔導師の血を引いているか生まれ変わり?
虫眼鏡
虫眼鏡
それならウィルくんが孤児院にいた理由にもなる!ウィルくんは昔からブラットナイトメアに狙われていたかもしれない!
はじめしゃちょー
はじめしゃちょー
奴らがウィルくんを器として見つけたとするなら!
シーラ
シーラ
だとしたらまずい!
りょう
りょう
今、ウィルくんは!?
ヴィクター
ヴィクター
胡蝶三姉妹のところだ!
てつや
てつや
ゆめまる!その場所に鏡を繋げて!
ゆめまる
ゆめまる
わかった!
ゆめまるは鏡のワープを作り出す。
ウィル……無事でいてくれ!
ヒカキン
ヒカキン
ヴィクター、シーラ!急いで向かうんだ
シルク
シルク
俺も行く!
ダーマ
ダーマ
シルク!俺も行こう!
てつや
てつや
こっちも俺としばゆーで行く!
しばゆー
しばゆー
うん!
俺達は鏡を通り胡蝶三姉妹の所へ向かった。





























[雫の家]
ヴィクター
ヴィクター
雫!ウィル!
シーラ
シーラ
中は静かだ…まさか!
奥の部屋に入ると胡蝶三姉妹が気を失っていたそこにはウィルがいない
ヴィクター
ヴィクター
雫、雫!!
てつや
てつや
蘭さん!
シルク
シルク
燐さん!しっかりしてくれ!
胡蝶 雫
胡蝶 雫
う…うう…ヴィクター……?
ヴィクター
ヴィクター
雫!何かあった!?ウィルは!?
胡蝶 蘭
胡蝶 蘭
急に……男が現れて……
ウィルを連れて行ってしまった……
胡蝶 燐
胡蝶 燐
ごめん……ウィルを…守れなかった……
シーラ
シーラ
その男はブラットナイトメアか!?
3人はコクリと頷き、再び気を失った
ヴィクター
ヴィクター
雫!!
ダーマ
ダーマ
気を失っているだけだ、命に別状は無い
しばゆー
しばゆー
ウィルが連れてかれたのか!?
シルク
シルク
とにかく1度戻ってこのことを伝えよう
てつや
てつや
ああ、そうだな!
・.━━━━━━━━━━━━†━━━━━━━━━━━
星月(作者)
星月(作者)
第49話はここまでです(*`・ω・*)ゞ
はじめしゃちょー
はじめしゃちょー
ブラットナイトメアによって連れ去られてしまったウィル
ザカオ
ザカオ
ウィルは魔導師の血を引いているか?
虫眼鏡
虫眼鏡
はたまた魔導師の生まれ変わりなのか?
ないとー
ないとー
そして破滅の魔女復活か!?
ディーパー
ディーパー
それでは次回までバイバイ👋