無料ケータイ夢小説ならプリ小説 byGMO

第58話

最終回へのbattle 序話1
それぞれの事件の急展開でメンバーに憎しみ(?)が溜まったところで、、、
これからカイヅモ マレドとの戦いへの話を書いていこうと思います!
全員で戦う編はとりあえず書こうと思うんですけど、それぞれのディビジョンごとに戦うのも書こうか悩んでるんですよね、、、
、、、わかりましたかね?w
意味伝わりずらい感じに行ってすみませぬ
もしそれぞれのディビジョンごとにも戦ってもらいたいなって思ったら是非言ってください!
「最終回へのbattle」終わった後に書いてみるんで
そんなこんなで長話失礼しましたm(_ _)m



















それではお話どうぞっ!(主 ミノより)
--------キリトリ線--------
全員もう芽蘭ちゃんが攫われたのは確認済みのところから話はスタートします
 イケブクロ
山田一郎
山田一郎
二郎ー!三郎ー!
二郎&三郎
なんですか!兄ちゃん(いち兄)!
山田一郎
山田一郎
ふぅっ、芽蘭が今どこにいるのか分かったぞ、、、!
山田三郎
山田三郎
本当ですか、、、!?
山田二郎
山田二郎
どれどれ、、、
山田二郎
山田二郎
ウラヤス、、、?
山田二郎
山田二郎
どこだそれ?
山田三郎
山田三郎
はぁ、全く低脳には呆れますね、、、
千葉県にあるウラヤス(浦安)ですよ、、、!
山田二郎
山田二郎
てっ、低脳ってお前ぇ!
山田三郎
山田三郎
またそれ気にしてるんですか?
いい加減認めたらどうなんですかね全く!
山田二郎
山田二郎
あぁ!?
てめぇふざけてんのか!
誰が「自分が低脳だ」なんて認めるか!
山田三郎
山田三郎
はっ!今丁度目の前にいるお前だよ!低脳!
山田二郎
山田二郎
低脳低脳ばっか並べて、おぉ?なんだてめぇも低脳じゃねぇか!
山田三郎
山田三郎
僕はお前と違うね!
ウラヤスがどこにあるのかも分からないやつと同じにされたくはないね!
山田二郎
山田二郎
同じ言葉並べてる時点でお前も低脳と一緒だね!
山田三郎
山田三郎
はぁ!?
山田二郎
山田二郎
あぁ!?
山田一郎
山田一郎
おい2人共!俺は喧嘩して欲しくてここに集まってもらったんじゃねぇんだぞ!
山田一郎
山田一郎
いい加減喧嘩もやめろ!
山田三郎
山田三郎
すっ、すみませんいち兄、、、
山田二郎
山田二郎
ごめん、、、なさい
山田一郎
山田一郎
おら、それで本題入るぞ
-------❁ ❁ ❁-------
山田一郎
山田一郎
芽蘭を捕まえている組織のボスは
海津喪 稀呶(カイヅモ マレド)と言うらしい
山田一郎
山田一郎
そして芽蘭が今捕らえられている所はココ
山田一郎
山田一郎
明日の朝8時にはここを出てウラヤスへと向かう
山田一郎
山田一郎
そんな感じでいいか?
山田三郎
山田三郎
はい!分かりました!
山田二郎
山田二郎
OKー、兄ちゃん!
山田一郎
山田一郎
(あんなに仕事にも熱心でしっかりしている女の子はびっくりした。なんだか守りたいって思えた。
だから芽蘭は俺が必ず救う!)
山田二郎
山田二郎
(優しくて、可愛くて、ちゃんとしている芽蘭ちゃんに俺は惚れた、、、多分。大切な人を守るのはいくら低脳の俺にだって出来る!
芽蘭ちゃんは俺が救う!)
山田三郎
山田三郎
(自分の趣味にあんなに興味を持ってくれた子は初めてだった。
「救いたい」大切な芽蘭ちゃんは必ず助ける!)
 ヨコハマ
ガチャリ
入間銃兎
入間銃兎
失礼しますよ左馬刻
毒島メイソン理鶯
毒島メイソン理鶯
失礼する
碧棺左馬刻
碧棺左馬刻
おう、入れ
-------❁ ❁ ❁-------
碧棺左馬刻
碧棺左馬刻
俺様が今から話す事、分かるか?
入間銃兎
入間銃兎
、、、芽蘭さんのことでしょう?
毒島メイソン理鶯
毒島メイソン理鶯
うむ、小官もそう思う
碧棺左馬刻
碧棺左馬刻
当たりだ。
今日は芽蘭を救う為の作戦会議ってとこだな
碧棺左馬刻
碧棺左馬刻
芽蘭の位置、ボスの野郎の情報は、あのブラコン一郎から取得済みだ
入間銃兎
入間銃兎
ぶっ、ブラコン、、、(ボソッ)
なるほど、、、それは良かったです
毒島メイソン理鶯
毒島メイソン理鶯
それで、、、どうするんだ?左馬刻
碧棺左馬刻
碧棺左馬刻
明日の8時には出発し、ウラヤスへと向かう
碧棺左馬刻
碧棺左馬刻
その予定だ
碧棺左馬刻
碧棺左馬刻
いいか?相手への手加減は無しだ
アイツらと戦ったバトルの時のように全力で挑む用意をして来い
入間銃兎
入間銃兎
分かりました
毒島メイソン理鶯
毒島メイソン理鶯
おう
碧棺左馬刻
碧棺左馬刻
(合歓みてぇにしっかりしてて可愛いところもある芽蘭が好きだ。、、、恥ずいけど。
だからこそ俺が守ってやんねぇとな。)
入間銃兎
入間銃兎
(ちゃんとしていて尚且つ(なおかつ)女性らしい感じが出ていて、女なんて、、、と思ってた自分が嫌になる、、、
俺には芽蘭さんを守る使命があると感じた。)
毒島メイソン理鶯
毒島メイソン理鶯
(左馬刻や銃兎も小官のご飯を食べてくれるがあんなに美味しそうに食べてくれる人は初めて見た。そしてとても嬉しかった。
必ず助ける。芽蘭のことを)
……To be continued シブヤ・シンジュク編