無料ケータイ夢小説ならプリ小説 byGMO

第4話

2話 山田家に来る芽蘭さん
数分後、、、
ガチャ、、、
二郎&三郎
一兄!おかえりなさい!
山田二郎
山田二郎
っておい!被せてくるんじゃねーぞ!
山田三郎
山田三郎
二郎が被せてきたんでしょ!
ほんっとやめて欲しいよね!(`o´)
山田一郎
山田一郎
っおいおい!
二人共!女の子の前で喧嘩するな!
芽蘭(めら)
芽蘭(めら)
ぇー(なにこれ?これどーゆう状況?)
山田一郎
山田一郎
っあぁごめんな
こいつらが俺の弟だ
ほら、自己紹介!
山田二郎
山田二郎
あぁ
山田二郎。高校生だ。
山田三郎
山田三郎
僕は山田三郎って言います!
山田三郎
山田三郎
ところで、なぜうちに?
山田一郎
山田一郎
とりあえず、玄関じゃ悪いから、
こっち!
リビングゥ☆(すみませんでした)
山田一郎
山田一郎
で、俺もあんまり聞いてなかったな
聞かせてくれ
芽蘭(めら)
芽蘭(めら)
えっと、、、
それから芽蘭は父から虐待を受けていたこと、母が殺された事など全てを話した。
山田一郎
山田一郎
な、なるほど、、、
山田二郎
山田二郎
確かに、結構傷とかあんなぁ
(芽蘭の皮膚とかを見て)
山田三郎
山田三郎
これは酷いですね、、、
芽蘭(めら)
芽蘭(めら)
は、はい、、、
山田一郎
山田一郎
ギュッ(芽蘭のことを抱きしめる)
芽蘭(めら)
芽蘭(めら)
ふぁ!
山田一郎
山田一郎
よく頑張ったな、、、。
芽蘭(めら)
芽蘭(めら)
⁄(⁄ ⁄•⁄ω⁄•⁄ ⁄)⁄
二郎&三郎
(空気になった)
山田二郎
山田二郎
なぁ一兄。
この芽蘭ちゃん?だっけ?
芽蘭(めら)
芽蘭(めら)
は、はい
山田二郎
山田二郎
ここに住ませてあげないか?
山田三郎
山田三郎
そ、そうですよ!
山田一郎
山田一郎
分かってるって。
俺も元々そうするつもりだったからな
芽蘭(めら)
芽蘭(めら)
え? 
いやでも悪いですし
山田二郎
山田二郎
じゃあこれからどこに行くってんだよ
芽蘭(めら)
芽蘭(めら)
( ゚∀ ゚)ハッ!
山田二郎
山田二郎
ったく
芽蘭(めら)
芽蘭(めら)
うぅ
山田一郎
山田一郎
まぁまぁ
とにかく!住むってことでいいか?
芽蘭(めら)
芽蘭(めら)
は、はい!
よろしくお願いします!
バスブロ
よろしく!
--------キリトリ線--------
ミノ
ミノ
いいですねーw
風凛花(ふりか)
風凛花(ふりか)
なに笑ってんじゃい
風凛花(ふりか)
風凛花(ふりか)
ってかまだバスブロだけしか出てないじゃん
ミノ
ミノ
まぁまぁ
もう少しで出るからさ
風凛花(ふりか)
風凛花(ふりか)
早く出さないと
バスブロ以外推してる視聴者さん、すみません
ミノ
ミノ
もう少しで出すので、しばしお待ちを<(_ _)>
風凛花(ふりか)
風凛花(ふりか)
はい、って事で
風凛花&ミノ
おつみのー
ミノ
ミノ
(本日2本目!
あまりにも暇だったので出してしまった)
ミノ
ミノ
(あと、いいねやお気に入りにしてくれた人にはフォローしています〜)