無料ケータイ小説ならプリ小説 byGMO

第14話

14
.
.
.
.
.
.
.
.
.
何クラスも授業をやって、気づけば夜の11時過ぎ。
.
.
.
.
.
💜「あなた先生、お疲れ様。」
.
.
.
.
.
宇野先生が手作りのお菓子をくれる。
毎週月曜日の楽しみだ。
.
.
.
.
.
「わぁ!カヌレだ!」
.
.
.
.
.
すごい!
.
.
.
.
.
🧡「ありがとう!めっちゃ美味しそう!」
.
.
.
.
.
西島先生も同じものをもらっている。
.
.
.
.
.
あのクシャッとした笑顔、可愛いなぁ。
.
.
.
.
.
西島先生は宇野先生とニコニコしながら話している。
.
.
.
.
.
…なんか、やだな。
.
.
.
.
.
💜「じゃあ、帰ります。お疲れ様でしたー」
.
.
.
.
.
いつの間にか話し終わっていた宇野先生に続いてみんな帰っていく。
.
.
.
.
.
私と西島先生を残して。
.
.
.
.
.
🧡「一緒に帰ろ?」
.
.
.
.
.
「はい、帰りましょ。」
.
.
.
.
.
といっても私と西島先生の家は逆方向。
.
.
.
.
.
塾の正面玄関で別れることになる。
.
.
.
.
.
「それでは、また明日。おつかれさまでし…」
.
.
.
.
.
🧡「待って。」
.
.
.
.
.
帰ろうとしたら腕を掴まれた。
.
.
.
.
.
「え、?」
.
.
.
.
.
🧡「これ。」
.
.
.
.
.
小さなメモを私に渡して帰っていった。
.
.
.
.
.
電話番号が書いてあった。
.
.
.
.
.
そしてその下に
.
.
.
.
.
『悩みがあったらいつでもどうぞ。』
.
.
.
.
.
「…ずるいよ」
.
.
.
.
.
雫が2つ、頬を伝った。

シェア&お気に入りしよう!

この作品をお気に入りに追加して、更新通知を受け取ろう!

aja
aja
AAA 日高推し💛
恋愛の作品もっと見る
公式作品もっと見る