無料ケータイ小説ならプリ小説 byGMO

第7話

7
.
.
.
.
.
.
.
.
.
エレベーターに乗り、部屋に戻る。
.
.
.
.
.
鍵を開けて、入ってすぐのところの血痕を眺める。
.
.
.
.
.
「もう、嫌…」
.
.
.
.
.











.
.
.
.
.
母が私を医者の道に進ませようとし始めたのは、14年前。
.
.
.
.
.
私が15歳で、父が亡くなった年だ。
.
.
.
.
.
原因は手術の失敗。
.
.
.
.
.
母「あなた、完璧な手術をする医者になりなさい。」
.
.
.
.
.
お母さんは泣きながら、そう言った。
.
.
.
.
.
私は何とも答えられずにいた。
.
.
.
.
.










.
.
.
.
.
ピーンポーン。
.
.
.
.
.
チャイムの音で、我に帰る。
西島先生だ。
.
.
.
.
.
🧡「先生、車に忘れ物。」
.
.
.
.
.
「あ、ごめんなさい。届けにきてもらってもいいですか?鍵開けときます。」
.
.
.
.
.
🧡「わかった。」
.
.
.
.
.
鍵を開け、カバンを置いた。
.
.
.
.
.
ジャケットを脱いだら、生々しい傷が見える。
.
.
.
.
.
気持ち悪い、気持ち悪い、気持ち悪い…
.
.
.
.
.
フラッとして、意識がなくなった。

シェア&お気に入りしよう!

この作品をお気に入りに追加して、更新通知を受け取ろう!

aja
aja
AAA 日高推し💛
恋愛の作品もっと見る
公式作品もっと見る