無料ケータイ小説ならプリ小説 byGMO

第15話

15
.
.
.
.
.
.
.
.
.
涙を拭うと、私はすぐにケータイを取り出した。
.
.
.
.
.
070 2440 …
.
.
.
.
.
メモを見ながら番号を押す。
.
.
.
.
.
「…」
.
.
.
.
.
🧡『話、聞かせて?』
.
.
.
.
.
西島先生はすぐに出た。
.
.
.
.
.
「先生っ、、」
.
.
.
.
.
安心しすぎて言葉が出ない。
.
.
.
.
.
🧡『後ろ見てっ。』
.
.
.
.
.
振り向くと、西島先生がいた。
.
.
.
.
.
おいで、と、手を大きく広げて。
.
.
.
.
.
「西島先生っ…」
.
.
.
.
.
その胸に飛び込んで、泣いた。
.
.
.
.
.
大きな声をあげて、子どもみたいに。
.
.
.
.
.
頭を撫でられ、顔を上げると
.
.
.
.
.
🧡「俺さ、あなた先生のこと助けたいんだけど、」
.
.
.
.
.
.
.
.
.
.
.
🧡「今夜の終電に乗り遅れてみない?」
.
.
.
.
.
頷く代わりに、さっきより強く抱きついた。

シェア&お気に入りしよう!

この作品をお気に入りに追加して、更新通知を受け取ろう!

aja
aja
AAA 日高推し💛
恋愛の作品もっと見る
公式作品もっと見る