無料ケータイ小説ならプリ小説 byGMO

第4話

4
職員室(あなた先生)
.
.
.
.
.
.
.
.
?「先生、こんにちは。」
.
.
.
.
.
「えっと、どなたですか?」
.
.
.
.
.
?🧡「数学科、西島隆弘です。」
.
.
.
.
.
このチャラそうなイケメンが!?
数学科の先生!?
.
.
.
.
.
🧡「よろしくね、」
.
.
.
.
.
西島先生がポン、と私の肩に手を置いた。
殴られた時の傷に当たって痛い。
.
.
.
.
.
「っ、」
.
.
.
.
.
🧡「、え?」
.
.
.
.
.
「あの、手っ、」
.
.
.
.
.
🧡「あ、ごめん。」
.
.
.
.
.
「ごめんなさい…」
.
.
.
.
.
傷が治るまで、塾長には『体調不良』と伝えていた。あのことは誰にも知られたくない。
.
.
.
.
.
🧡「えと、授業は何時から?」
.
.
.
.
.
「あと10分です。」
.
.
.
.
.
🧡「今日は先生の授業聞いてる感じで?」
.
.
.
.
.
「そうですね。」
.
.
.
.
.
🧡「じゃあ行こっか。」
.
.
.
.
.
教室に向かいながら思った。
.
.
.
.
.
この先生めっちゃタメ口じゃん!!

シェア&お気に入りしよう!

この作品をお気に入りに追加して、更新通知を受け取ろう!

aja
aja
AAA 日高推し💛
恋愛の作品もっと見る
公式作品もっと見る