無料ケータイ小説ならプリ小説 byGMO

第18話

18
.
.
.
.
.
.
.
.
.
「え?」
.
.
.
.
.
抵抗?私が?
.
.
.
.
.
🧡「殴られても蹴られてもヘラヘラ笑ってんじゃん」
.
.
.
.
.
🧡「それだけじゃやられるだけだよ。」
.
.
.
.
.
🧡「嫌なら嫌、辛いなら辛いって言いなよ。」
.
.
.
.
.
逃げたいなら逃げたいって言わないと。
.
.
.
.
.
「…辛いよ。」
.
.
.
.
.
「助けてよ、隆弘。」
.
.
.
.
.
誰か、受け止めてくれる人が欲しかった。
.
.
.
.
.
「ずっとね、ギュってしてえらかったねって言って欲しかったの。」
.
.
.
.
.
「お母さんはそんなことしてくれなかった。」
.
.
.
.
.
「テスト高得点は当たり前。勉強以外はしなくていいって。」
.
.
.
.
.
「なんでそうならないといけないの、」
.
.
.
.
.
私はお父さんの思い出を写すための投影機なんだってずっと思ってた。
.
.
.
.
.
私は私じゃないんだ。
.
.
.
.
.
🧡「…えらかったね」
.
.
.
.
.
隆弘の温もりがうつむいた私を包んだ。
.
.
.
.
.
「…たかひろぉ」
.
.
.
.
.
🧡「よく言えたね。もう我慢しないでいいんだよ。」
.
.
.
.
.
口調も雰囲気も、あったかい。
.
.
.
.
.
隆弘のところにいるとほっとする。
.
.
.
.
.
でも、お母さんはお父さんに何をしたんだろう…

シェア&お気に入りしよう!

この作品をお気に入りに追加して、更新通知を受け取ろう!

aja
aja
AAA 日高推し💛
恋愛の作品もっと見る
公式作品もっと見る