無料ケータイ小説ならプリ小説 byGMO

第6話

6
.
.
.
.
.
.
.
.
.
🧡「ね、あなた先生さ、」
.
.
.
.
.
「はい」
.
.
.
.
.
🧡「何かあった?」
.
.
.
.
.
「え?」
.
.
.
.
.
気づかれた、?
.
.
.
.
.
🧡「さっき日高先生から聞いたけど、体調崩すことなんてなかなかないんでしょ?」
.
.
.
.
.
そういうことか。
.
.
.
.
.
「何もないですよ。」
.
.
.
.
.
🧡「そっか。あ、着いたよ。」
.
.
.
.
.
いつの間にか家の前。
.
.
.
.
.
「ありがとうございました。」
.
.
.
.
.
車を降りて、お礼を言う。
.
.
.
.
.
🧡「お大事にね。」
.
.
.
.
.
そう言って微笑んだ西島先生は、
.
.
.
.
.
懐かしい、お父さんのような雰囲気をまとっていた。

シェア&お気に入りしよう!

この作品をお気に入りに追加して、更新通知を受け取ろう!

aja
aja
AAA 日高推し💛
恋愛の作品もっと見る
公式作品もっと見る