無料ケータイ小説ならプリ小説 byGMO

第10話

10
.
.
.
.
.
.
.
.
.
夢を見た。
.
.
.
.
.
誰かと一緒に走り続ける夢。
.
.
.
.
.
たくさん走ってるのに苦しくもなくて、楽しいんだ。
.
.
.
.
.
"誰か"の顔は見えなかったけど。
.
.
.
.
.
.
.
.
.
.
「げほっ、げほっ」
.
.
.
.
.
咳き込んで、起きた。
.
.
.
.
.
なんだか頭が痛い。
.
.
.
.
.
それに、幻覚が見える。
目の前に西島先生がいるのだ。
.
.
.
.
.
🧡「あなた先生!!」
.
.
.
.
.
「なんで、ここに…?」
.
.
.
.
.
西島先生に触れてみる。
.
.
.
.
.
🧡「え、どうしたの?」
.
.
.
.
.
実体がある。
.
.
.
.
.
「本物だ。」
.
.
.
.
.
🧡「本物ってなんだよ、笑」
.
.
.
.
.
西島先生が、忘れ物を届けに来たら私が倒れていたことを教えてくれた。
.
.
.
.
.
🧡「あなた先生、大丈夫?」
.
.
.
.
.
「大丈夫です。」
.
.
.
.
.
今日知り合ったばっかりの人にこんなに頼ってる私。
.
.
.
.
.
なんだか情けない。

シェア&お気に入りしよう!

この作品をお気に入りに追加して、更新通知を受け取ろう!

aja
aja
AAA 日高推し💛
恋愛の作品もっと見る
公式作品もっと見る