無料ケータイ小説ならプリ小説 byGMO

第12話

12
.
.
.
.
.
.
.
.
.
日曜日。
.
.
.
.
.
朝起きて、顔洗って、ご飯を食べて、着替えた。
.
.
.
.
.
今日はゆっくり買い物にでも行こうかな、と思いながらメイクをする。
.
.
.
.
.
準備完了。
最後にポストを確認して…
.
.
.
.
.
「え、」
.
.
.
.
.
手紙が入っていた。それもお母さんから。
.
.
.
.
.
部屋に戻って開けてみると、紙が一枚。
.
.
.
.
.
『浦田直也と結婚しなさい。』
.
.
.
.
.
無理に決まってる。
.
.
.
.
.
「浦田先生となんて…」
.
.
.
.
.
塾長だよ?
前に彼女いるって言ってたよ?
.
.
.
.
.
…あれ、
.
.
.
.
.
私のお父さんと浦田先生のお父さんは仲が良かった。
.
.
.
.
.
浦田先生はお父さんのお葬式にも来てくれていた。
.
.
.
.
.
お父さんに対する執着心…?
.
.
.
.
.
お母さん、本当におかしいよ?
.
.
.
.
.
ケータイをみると、メールが来ていた。
.
.
.
.
.
母『言う通りにしないと、お前にも父さんと同じことをするからな。』
.
.
.
.
.
…どういうことだろう?
.
.
.
.
.
もう出かけられるような気分ではない。
.
.
.
.
.
ソファーに座ったまま、動くことができなかった。

シェア&お気に入りしよう!

この作品をお気に入りに追加して、更新通知を受け取ろう!

aja
aja
AAA 日高推し💛
恋愛の作品もっと見る
公式作品もっと見る