無料ケータイ小説ならプリ小説 byGMO

第23話

23
.
.
.
.
.
.
.
.
.
ホテルのスイートに戻って、ベッドに入る。
.
.
.
.
.
隆弘はまだぐっすり寝ている。
.
.
.
.
.
私もいつのまにかぐっすり寝ていた。
.
.
.
.
.
.
.
.
.
.
目が覚めたのは7時ごろ。
.
.
.
.
.
何気なくケータイを見ると、着信が大量。
.
.
.
.
.
…お母さんの番号だ。
.
.
.
.
.
『あんた今どこ?家まで行ってやったのに…』
.
.
.
.
.
メールも来ている。
.
.
.
.
.
もし私が家に帰っていたら、
.
.
.
.
.
またあの時みたいになっていたかもしれない。
.
.
.
.
.
🧡「んんっ、、あなたおはよ」
.
.
.
.
.
隆弘が起きた。
.
.
.
.
.
「あ、おはよう。」
.
.
.
.
.
隆弘はにこっと笑って起き上がり、スリッパを履く。
.
.
.
.
.
🧡「じゃ、行こっか。」
.
.
.
.
.
「え、待って、どこに?」
.
.
.
.
.
🧡「朝ごはん。」
.
.
.
.
.
戸惑う私を連れて隣の部屋へ。
.
.
.
.
.
ドアを開けると、そこは社長令嬢とかが住んでいそうな空間で。
.
.
.
.
.
「わぁっ、」
.
.
.
.
.
たくさんのケーキと、パンと、
.
.
.
.
.
とにかく美味しそうなものが並んでいた。
.
.
.
.
.
🧡「さ、食べよう」
.
.
.
.
.
「うん!いただきまーす!」

シェア&お気に入りしよう!

この作品をお気に入りに追加して、更新通知を受け取ろう!

aja
aja
AAA 日高推し💛
恋愛の作品もっと見る
公式作品もっと見る