第26話

続き(デート編)💙×❤
2,259
2023/12/24 11:29
💙side
誠也くんが女の子になってしまった。ホンマにびっくりしたけど、意外と誠也くんはノリノリだ
早く戻ればいいけど、俺もこの時間を楽しむことにした
誠也
ねぇー、正門ー。ここのカフェ行きたい!昔ながらのクリームソーダやって!めっちゃ可愛いし、他の料理も美味しそう!
良規
分かりました。ナビお願いできます?
誠也
もちろんや!
いや、ほんまにかわええのよ。誠也くん。俺のどタイプの顔立ち
誠也
今まで人の目気にして出来なかったカップルらしいことできるんやなぁ、嬉しいな
良規
やっぱり気になります?
誠也
そりゃ気になるよ。ほんとは手だって繋いで歩きたいし、外でももっとラブラブした感じ?出したいけど、みんな絶対見てくるやん笑
良規
まぁ...そうですよね
誠也
だから今日そういうこと堂々とできるから嬉しい!
良規
ふふっ、誠也くんが喜んでる顔見れて俺も嬉しいです
誠也
あ!次の信号右やで
良規
了解です〜
そんなことをしながら目的のカフェに着いた。平日ということもあって、比較的空いていた
誠也
えー!どれも美味そうやん!お腹空いたから悩むわ〜
良規
俺は...あ、エビとあさりのクリームパスタにしようかな。それとクリームソーダのブルーのやつ
誠也
めっちゃいいやん!俺はオムライスにしよ!んで、クリームソーダのピンク!
ちょっと誠也くん、可愛すぎてまじでやばいな...
そんなことを思っているうちに料理が到着した。口コミの評価が高いだけあって料理はどれも美味しそうだし、ボリュームもちょうどいい
誠也
いただきまーす!

んー!めっちゃうまい!
良規
ホンマですか?このパスタも最高です
誠也
正門?口開けて?
良規
ん?
誠也
あーんしてあげる
良規
...オムライスめっちゃ美味しっすね!パスタもあげますね
誠也
...んー!おいしー!
良規
なんかほんとカップルみたいなことしてますね笑
誠也
あーんなんて男同士じゃできないやん。だからやってみたかったんや笑
良規
ほんっま可愛いわ
誠也
なんか改めて言われるとはずいわ///
誠也くん念願のクリームソーダは食事が終わったタイミングで到着した
誠也
わー!めっちゃ可愛いし、映えるな!正門一緒に写真撮ろ?
良規
いいですよ笑
誠也くんは普段ツーショットを自分から撮ろうとはしない。余程嬉しいのだろう。
気が強くて何もかも完璧に出来るように見えるけど、本当は繊細で傷つきやすい。多分今までも俺と付きあうことに対して色々自分の中で葛藤があったのだろう。周りには全くそれを見せないけど。だからこうやって純粋に喜んでる誠也くんの姿を見れて俺は本当に嬉しいのだ
誠也
んー!味もめっちゃ上手い!
良規
ほんとですね、またここ来ましょうね
誠也
うん!絶対くる!
お腹がいっぱいになった俺たちはアウトレットのほうに向かうことにした
誠也
次は洋服買お〜。いつ戻るか分からんし、女物の服買ったほうええよな
良規
もう女の子でいる気満々じゃないですか笑
誠也
...だって俺が女の子になれたら正門と結婚だって出来るやん
誠也
ごめん!変なこと言った!早く戻ってファンの子に元気な姿みせなあかんな!今のは聞かなかったことにして!
良規
分かりました、聞こえなかったことにしますね
誠也
ありがとうな、正門
少し車を走らせて、目的地に到着した
誠也
正門は女物だとどんな感じのが好きなん?
良規
え?!えー...綺麗めな感じかな?
誠也
ふーん、じゃ、そういう感じのなんか探そ〜♪
適当に見て歩いてそれっぽい雰囲気のお店があったので入ってみた
誠也
うわー...沢山ありすぎてどれがいいか分からんわ...
良規
店員さんに聞いてみます?
誠也
そやね、すいませーん
誠也くんは店員さんと一緒に服を選んでいき、試着室に入っていった
誠也
正門ー!来てー!
良規
はーい
誠也
じゃーん、どう?
試着室から出てきた誠也くんは俺の望み通りの綺麗なワンピース姿
良規
...
誠也
もう!なんか言うてや!
良規
いや、似合いすぎて言葉失ってしまいました...
誠也
そうか!じゃあこれください!あとこのまま着ていくんで値札切ってくれます?
店員さん
かしこまりました
他にもトップスやスカートを買っていくことにした
誠也
正門、買ってくれてありがとうな〜
良規
いえいえ、これぐらいさせてくださいよ。そろそろ日も暮れそうなので帰ります?
誠也
うん、帰る
誠也
でも今日は正門の家泊まりたい、ええかな...?
良規
もちろんです!俺の家行きましょ!
そうして俺の家に向かうことにした
┈┈┈┈┈┈┈┈┈┈┈┈┈┈┈┈┈┈┈┈┈┈┈
ごめんなさいね!また長くなったので切りますね!
次はお待ちかねの夜のお時間でございますよ♡(言い方が気持ち悪い)
ちなみにこの作品で出てきたカフェは私が好きなカフェをイメージして書きました
そこ雰囲気もいいし、料理も美味しいんですよね〜。友達とのご飯で困った時は大体そこ行きますね笑
ということで次で完結します!お待ちください!!
またね👋✨

プリ小説オーディオドラマ