第25話

ピンチはチャンス 💙×❤
2,128
2023/12/23 12:09
※この作品は女体化が含まれております。ご注意ください
┈┈┈┈┈┈┈┈┈┈┈┈┈┈┈┈┈┈┈┈┈┈┈
❤side
誠也
なんやこれええええええ??!?!!
俺は朝起きて、洗面台の鏡を見た時に発狂した
そこには髪が長くなり、胸も膨らみ、もちろん男を象徴するアレはない
朝起きたら女になっていたのだ
誠也
ど、どうしよう...
まず正門に電話しよう。ちなみに正門は俺の恋人だ
良規
📞『もしもし、誠也くん?朝からどうしたんですか?』
誠也
📞『ま、正門...起きたら大変なことになった。今から俺の家来て欲しい』
良規
📞『え?!どうしたんすか?!とりあえず向かいますね!』
そう言ったあと20分くらいして正門は俺の家に来た
ガチャッ
良規
誠也くん!なにした...え?
良規
ど、どちら様で...?
誠也
俺やで...末澤誠也
良規
は?!だって女の子じゃないすか?!
誠也
分からへんねん!起きたらこうなってたんやもん!
誠也
これいつ戻るんやろ...
良規
とりあえず俺マネージャーさんに連絡しますね、あとメンバーにも連絡します
俺が女になったことは正門が関係各所に連絡をいれた。お仕事はマネージャーのほうで何とかしてくれるみたいや
良規
誠也くん...ほんまに誠也くんですか?
誠也
ほんまに俺やで...
良規
何が悪いものでも食べました?
誠也
特に食べた記憶はないけど...
良規
とりあえず自然に回復するのを待つしかないのかな...
誠也
...
誠也
ウジウジしてても仕方ないか。なったものはしゃーない。この状況楽しむしかないな
良規
え?誠也くん?
誠也
正門、服買いに行くぞ。女物の服。
良規
誠也くん?!
ピンポーン
誠也
ちょ!誰やこんなタイミングに!正門でてくれへん?
良規
分かりました
良規
...なんでみんな大集合やねん
『あの早く開けてもらいます?色々持ってきたんで☆』
なんとメンバーみんなが俺の家に来た
誠也くん女になったってほんま?!
大晴
うわー、めっちゃ可愛ええやん!
晶哉
ほんまですね!ってか髪も伸びてる!
リチャ
なにがあったらそうなるねん笑
誠也
なんでみんなおるねん!仕事は?
みんな仕事ほんまにたまたまなかったんで、集まっちゃいました☆ちなみに色々持ってきましたよ〜
小島は大きい紙袋を持っていた。そこには女物の服がずらり
良規
これどうしたん?
妹の服借りてきました。ちなみに下着はそこの激安の殿堂で買ってきましたよ〜
良規
...大の大人4人で女物の下着コーナーいたん?大丈夫やった?店員さんから声掛けられんかったか?
ちゃう、ちゃう!店行ったのは俺と昌也!
誠也
じゃあこの下着の趣味は小島と佐野ってことやな
洋服はどちらかと言えばスポーティ感が強めの洋服。これなら抵抗なく着れる。問題はこの2人が選んだ下着。どう見ても布は少なく、セクシーな感じ。この2人に選ばせたのは間違いやろ...
だってそのほうがまっさん喜ぶかなって
良規
おま!俺のせいにするんじゃねぇよ!
誠也
...こういう下着好きなん?
良規
いや?!そんなことはないです!決してないです!
誠也
あほ、好きですって顔に書いてるわ
えー、誠也くんの胸本物ですか?触ってええですか?
誠也
ダメに決まってるやろ!変態!
リチャ
小島もその辺にしときや笑 末澤、ほんまに朝起きたらそうなってたん?
誠也
うん
大晴
不思議なこともあるものですね、朝起きたら性別変わるなんて
晶哉
けど誠也くん、女装めっちゃ似合ってたから本物の女の子になっても可愛いもんですね笑 これ街普通に歩いたら多分ナンパされまくるんちゃいます?
リチャ
それは俺も思った。だから正門、しっかり末澤のこと守ってやれよ
良規
はい
リチャ
ま、俺らはこの辺でさよならしておきますかね
えー、俺まだ誠也くんと話してたいー
大晴
いいから!帰るよ!
ちぇー
リチャ
ほな、あと正門よろしく頼むな。末澤もいろいろ体気をつけてな
良規
ありがとうな、みんな
誠也
ほんまにありがとうな
え?!やっぱりめっちゃかわいい!俺タイプ!
リチャ
うるさい!早く帰るぞ!
小島はリチャに引っ張られながら、他のみんなも後を追うように帰っていった
良規
今日どうします?俺丸1日オフなんで空いてはいますけど
誠也
外デートしたい!普段女の子が行きそうなカフェとか行って甘いもの食べたい!手繋いで歩いたりしてみたい!
良規
分かりました笑 せっかく持ってきてもらったし、この服きて出かけますかね
誠也
わかった!準備するから少し待ってて〜
服を着るだけだともったいないのでせっかくなので髪とかもちょっとセットしてみた
誠也
じゃーん!どう?
良規
え...めっちゃ可愛いです...
誠也
ほんま!よかった!
俺は正門に抱きしめられた
良規
誠也くん、俺はどんな誠也くんでも大好きです。男とか女とか関係ないから
誠也
ん、ありがとう
良規
じゃ!行きますか!
俺は正門の車に乗り込んでデートに行くことにした
┈┈┈┈┈┈┈┈┈┈┈┈┈┈┈┈┈┈┈┈┈┈┈
ちょっと長くなるんで切りますね!!
次はデート編です!!

プリ小説オーディオドラマ