無料ケータイ小説ならプリ小説 byGMO

第3話

朝は every .

   大吾 side



















いつも と 同じ 朝 が 来た 。












「 おはよう 」 と 飛び 交う 声 。















群がる 女子 の 頭 が いたく なる ような 「 キャー ♡」 と いった 声 。













……… いつも 通り やな 。
























こんな めんどくさい 女子ら を 無視 する のも いつも 通り 。 














  大吾 .
大吾 .
お 前 ら 邪 魔 。

退 い て 。


















せめて 俺 が 通れる ように

みたいに 道 が できて いく 。

















ほんま いらん わ 。

こーゆー の 。



















そして 、














マスク と おろした 真っ黒 な 髪 。


 君  .
君 .
 ………… 










君 も いつも 通り や 。






シェア&お気に入りしよう!

この作品をお気に入りに追加して、更新通知を受け取ろう!

お お に ち  🚀🌟
お お に ち 🚀🌟
🍎💎/無意識にいけめんしてるの。好き。
恋愛の作品もっと見る
公式作品もっと見る