無料ケータイ夢小説ならプリ小説 byGMO

前の話
一覧へ
次の話

第6話

#3
控え室で出番を待っている時
咲月
かれん、もうすぐ出番だけど水分とっとかなくて大丈夫?
あ、確かに喉乾いたかも...
あなた

確かに、喉も乾いてたからなんか飲み物買ってくるね!咲月さん何かいる??

咲月
ふふ😊大丈夫だよ。ありがとうね
咲月さん...♡
あなた

分かった〜!!じゃあ、買ってくる✌️

咲月
もうすぐ出番なんだから早く戻ってきてね?
あと、気おつけてね🌼じゃないと私がりつに怒られちゃうからw
あなた

お兄ちゃん...wなんで、咲月さんみたいな素敵な人が私のバカ兄なんかと付き合っるの?

咲月
確かに、りつは凄いシスコンだけどとってもいい人よ?それは、かれんが1番よく分かってるんじゃない?w
咲月さんがお兄ちゃんと上手くいってるのは私にとっても凄い嬉しい
私は咲月さんに分かってるよ〜!!と言って控え室を出た