無料ケータイ小説ならプリ小説 byGMO

第28話

26 ばあちゃん家
ハグしてた理由
あなた

えっと、

昨日の夜
あなた

寝れへんなぁ〜
抱き枕無いからや。

あなた

ゲームしてよ〜っと

ちなみに風雅とあなたは部屋が隣です
風雅の部屋
大西風雅
抱き枕無いから寝れへん。
クッション取りに行こ〜
大西風雅
なんか音鳴ってんねんけど。
ガチャ
あなた

誰?

大西風雅
俺やけど。
あなた

うわっオレオレ詐欺や!

大西風雅
オレオレ詐欺じゃねーし笑
あなた

笑笑
何しに来たん?

大西風雅
めっちゃ音鳴ってるから気になっただけ。
あなた

ふーん

あなた

寝ないの?

大西風雅
寝ようと思ったんやけど抱き枕今クリーニング出してて無いから寝れへん。
あなた

うちも抱き枕無くて寝れへんやけど笑

あなた

どうしたら寝れると思う?

大西風雅
ソファーのクッション持ってくる?
あなた

1回持ってくるか!

テクテク
あなた

なんか違うんよな〜

大西風雅
分かる笑
あなた

とりあえず戻るか!

大西風雅
おん
テクテク
あなた

どうしよ〜

あなた

あっ!

大西風雅
何?
あなた

ハグして寝れば良いんじゃね?

大西風雅
あ〜
そうやな
あなた

っていうことがあってハグしてたって訳です

西村拓哉
そうだったんか!
勘違いしてごめんな?
あなた

ええよ!

next
次こそおばあちゃん家行きますんで!



1日遅くなりましたが丈くんお誕生日おめでとうございます!
24歳の年もHAPPYな年になりますように🙏

♡10