無料スマホ夢小説ならプリ小説 byGMO

前の話
一覧へ
次の話
6
2021/08/21

第8話

明日

家についても、結局
学校や、バレー部のことを考えてしまう。

結局、自分は弱くて 逃げた
事実さえも嫌になる。


けど、何もかも一旦忘れるため、課題をやって、身支度もすべて終わらせて
寝ることにした。けど、忘れられないし、寝れない

やっぱり、明日が怖い、

来なきゃいいのに、

けど、時間は、止まってくれない






次の日

怯える足を、無理にでも
動かして進む。


唯一の救いとしては、朝練がないこと、

だから、いつもより遅い




ガラガラガラガラ



「あなた!おはよう」


「今日、遅かったね」

あなた
「昨日さ、テレビか面白くて
夜更かし、しててさ
朝起きれなかったwww」


「なにしてんのよw」

、、、、、、、、、、、、、

凛Sibo

あなた? 嘘つかなくていいよ。

この2年間で、あなたのことは、十分わかってる。

あなたは、嘘つくときは
髪を触るんだ。

あなた?そんなに俺らは、
頼りない?

あなたに何があって、
今、何を思ってるのか
わからないよ。

少しでも、ほんの少しでも
いいから




頼ってよ、




NEXT