無料スマホ夢小説ならプリ小説 byGMO

22
2021/04/23

第4話

新しいスタート
今日から、新しいスマートを切り、みんなで笑いあって
日々を作り出す

はじめの日


あなた
「明!凛!おはよー」

2人
「おはよー」



といい、学校にいく、


他愛もない会話をして

学校につく


「クラス表見に行こ!」

あなた
「りょ!」



「なん組?


俺一組」


「私も!」


あなた
「私もだ!」

3人
「みんな同じクラスだ。
よかったー」

とクラスに向かった時

ドンッとぶつかった


??
「いった」

あなた
「すいません」

といって顔を上げたら、見覚えのある顔があった。

??
「あなたかよっ!」

あなた
「はあ?悪かったね私で、侑!」


「うっさいわ!」

あなた
「どっちがだよ、

私、クラスいくからバイバイ」




といってわかれて、クラスに向かった。


ガラガラガ

モブ女1
「やっば、美男美女と三人組とクラス一緒とか今年勝ち組じゃん!」

あなた
「ん?美男美女は凛と明
二人だけだから、後一人って誰!?」


「あんたよ」

あなた
「嘘つかんでいいから、
本当に誰っ!??」


「あなたは、自覚しよっか?」

あなた
「何をダヨっ!」

と言い合っていると、


ガラガラガとドアが開き
みんなの悲鳴と共に、ドアに、注目が集まった。

だから、私もドアを見た

そうしたらさっきもあった、

あいつとその片割れの顔があった。

あなた
「ハァッ?ざけんなよっ!
こいつら2人とクラス一緒?
積んだーー!」


「うっさいは!俺らと一緒で、何が悪いんや!」

あなた
「そう言うとこだよ。ナルシスト、」


「はぁ?ナルシストちゃうし、美男だからすいませんね」

あなた
「謝らなくていいです!
だって、顔だけイケメンは、美男と呼ばれないからね!」

といい、席についた、

席は、いつも、明とは、前後だけど、凛とは必ず離れる

仕方ないんだけど、

とか考えていたら隣の人が来た、

それは、侑だった。

あなた
「はァァァァァァァァァァっ!?

ここもあんたと一緒!?

嫌だーーーーーー!」




「少しは黙れ!」



ガラガラガ

私たちがいいあいをしていると、ドアが開き先生が入ってきて


ひとこといった



先生
「エーッと、今年のこのクラスは、席がえはしないからな!
今の隣の人と仲良くするように。」



2人
「えーーーーーーーー!」


作者です
今のところいじめかんは、ないすけどけど、読んでください!よろしゃす!!!!!!!