無料ケータイ夢小説ならプリ小説 byGMO

第5話

story3❁⃘*.゚
〜魚の大きな水槽の前にて〜
和也
和也
俺、仁に伝えたいことかあって…
仁
なに?(何を言われるんだろ…)
和也
和也
初めてあった時から…一目惚れ…でし…た…俺と付き合ってくださいっ!
仁
え…?
和也
和也
男同士とかおかしいよな…ごめん…!
和也
和也
ドタドタッ!
走って逃げようとする
仁
待てよ!
追いかけて、和也の手をにぎる
仁
俺もお前のことが好きだっ!
和也
和也
えっ?
和也
和也
友達としてって事?
仁
違う!俺も…お前と初めてあった時から、ずっと好きだったんだよ!
仁
それを抑えるのが、どれだけ大変だったか…でも、もう…隠さなくていいんだな…
和也
和也
ほんとに言ってる…?
仁
ああ。大好きだ…和也…
仁は和也を抱きしめた…
和也の目からは、次々と涙がこぼれ落ちていた…






〜next〜