無料ケータイ小説ならプリ小説 byGMO

第13話

じゅうに







あれからひとりでゲームをしてたら




いつの間にか時計の数字が11時半に変わっていた





you
you
     やべ、てひょんを出動させないと     




家督を開いて


てひょんにスタ連をする








🐯『 女連れてきた?』


『 まだ 』







って打った瞬間に




🚪 ぴんぽーん




なんて音がするから急いで窓から覗いてみる





見た感じ、女性だった。







『 今来た!!』


🐯『 誰だった?』


『 見た感じ女性!!』


🐯『 ほら言っただろ 』


🐯『 下まで行って覗いてきたら? 』


『 うん!!覗いてみる!!』


🐯『 うわ、変態だな 』


『 君が私をリードしてるんだぞ 』


🐯『 ごめんごめん 』


『 んじゃ、覗いてくるわ 』


🐯『 行ってらっしゃい〜 』








家督を閉じて



あまり足音を立てずに階段から覗いてみる





じょんぐく
じょんぐく
    今、あいつ寝てるから     


👱🏻‍♀️『 ええ、本当に大丈夫なの?』

じょんぐく
じょんぐく
     大丈夫だって     



その言葉の後にじょんぐくさんは



女性に熱いキスをした





you
you
    え、やばいやつじゃん …     




女性はじょんぐくさんに合わせて舌を出す



じょんぐくさんは女性の舌を絡めて


次には女性の唇を覆うようにキスをし続ける






you
you
     ちょ、てひょんに家督     





『 やばい。キスしてるよ!!』


🐯『 あぁ、これから始まるぱてぃーんだな 』


『 え、え、じゃこれからせっくすするの? 』


🐯『 あなたにはまだ早かった感じ?』


『 は。この後のせっくすってやつだって見れるし 』


🐯『 頑張れよ 』







あなたちゃんは意外と純粋だったりする



もちろんそんな純粋な心を汚してるのは てひょん





じょんぐく
じょんぐく
    んっ、…    


👱🏻‍♀️『 んぁ …、くるっ、しい… 』



女性とじょんぐくの声がだんだんと荒くなって来て



玄関の前からリビングへとじょんぐくさんがリードする





you
you
     うわ、リビング行っちゃったよ …     




階段からリビングはぎりぎり見えない距離にある



you
you
     もう、玄関のとこまで行っちゃうか     




さっき2人でキスを交わせてた場所で



リビングに移動した2人を監視する






next (( 変なところで切ってごめんなさい🙏


シェア&お気に入りしよう!

この作品をお気に入りに追加して、更新通知を受け取ろう!

 5 歳 児 .
5 歳 児 .
____________ kim tehyong × pakk jimin ____________ ふぁんま : 🐯🌹 ふぁんね : 3歳児 人種 : 🇵🇭 × 🇯🇵 💬 Time you want to meet, but you do not meet Grow love 会いたいけど会えない時間が愛を育てる __ 。 🐌更新 user/a0eded+
恋愛の作品もっと見る
公式作品もっと見る