無料スマホ夢小説ならプリ小説 byGMO

275
2021/07/30

第9話

(なまえ)
あなた
風冷たくて気持ちいいね
谷地仁花
谷地仁花
うん…
(なまえ)
あなた
あ見て、星。きれい…
谷地仁花
谷地仁花
…?
谷地仁花
谷地仁花
…!
(なまえ)
あなた
谷地仁花
谷地仁花
(なまえ)
あなた
どーしたの
谷地仁花
谷地仁花
…私…全然働けてなくて…
(なまえ)
あなた
谷地仁花
谷地仁花
私、あなたちゃんの役に何もたってない…私ね、あなたちゃんに契約してもらった時他のみんなよりあなたちゃんの役にたとうと思ったの
谷地仁花
谷地仁花
それなのに、今日なんて…
(なまえ)
あなた
そんなことで悩んでたの?
谷地仁花
谷地仁花
(なまえ)
あなた
ねぇ仁花ちゃん。なんで仁花ちゃんは私の役に立ちたいの?
谷地仁花
谷地仁花
私、面白くもないし…日向たちみたいに明るくないし…あなたちゃんの中から私が居なくなったらいやなの…
(なまえ)
あなた
…そっか
谷地仁花
谷地仁花
(なまえ)
あなた
ねぇ仁花ちゃん。私の目を見て、
谷地仁花
谷地仁花
…ぇ?
(なまえ)
あなた
谷地仁花
谷地仁花
(なまえ)
あなた
私は今誰を見てると思う?
谷地仁花
谷地仁花
私…?
(なまえ)
あなた
うん。私は仁花ちゃんが面白くなくても、翔陽たちみたいに明るくなくても、私の目からは仁花ちゃんが居なくなるとか無いから。
谷地仁花
谷地仁花
谷地仁花
谷地仁花
でも…赤葦さんがあなたちゃんのお手伝いばっかりして、前までは私がやってたのに、それを取られたら私の取り柄なんて…
(なまえ)
あなた
あるよ。
谷地仁花
谷地仁花
え?
(なまえ)
あなた
仁花ちゃんはね、自分で気づいてないのかもしれないけど、仁花ちゃんは人を笑顔にするんだよ
谷地仁花
谷地仁花
ほ、ほんと…?
(なまえ)
あなた
うん、ほんと。
仁花ちゃんは、一生懸命で、活発で、料理も上手。
(なまえ)
あなた
だからそんな事考えなくていいよ。
谷地仁花
谷地仁花
谷地仁花
谷地仁花
ありがとう
(なまえ)
あなた
うん


仁花ちゃんは、私の手を繋いで黙ったまま2人だけの空間のように時間は過ぎてった