前の話
一覧へ
次の話

第12話

運命の人
20
2018/12/05 13:53
じゃあ、また明日。
彩葉
うん、また明日。
(あれから、何回も春芽く…陽くんに触れても心の声が聞こえてこない。)


現に、今も彼と手を繋いでいるが、何一つ彼の心の声が分からない。
お母さん
あら、彩葉。
それに…もしかして、春芽陽くん?
彩葉
お母さん!?
はい、春芽陽です!
覚えてたんですか?
お母さん
もちろん。覚えてるわ。
だって、彩葉の運命の人だもの。
え?
彩葉
運命の人?
お母さん
あぁ、この話はまだ彩葉にはしてなかったものね。
前に、能力の話をしたでしょ。
実はあの話には続きがあって、魔女の末裔がこの能力を持つきっかけは“初めて運命の人に触れた時”で、その運命の人と結ばれることで、この能力は消滅するの。
彩葉
それじゃあ…私の運命の人って…。
お母さん
じゃあ、お母さんは先に家に入ってるからね。
ごゆっくり〜。
(ちょっと、お母さん!?)
彩葉。
彩葉
な、なに。
(…!
これって、き、き、キス…!?)


じゃあ、また明日。
彩葉
え、あ、また明日…。
(…もう、陽くんの馬鹿。
でも……大好き。)