無料ケータイ夢小説ならプリ小説 byGMO

第19話

星が消えた…
亜嵐side
星が消えた。
俺の星は今どこに…
涼太
涼太
亜嵐。
この頃あなたきてないの何か聞いてる?
家行かない??
亜嵐
亜嵐
2人で???
涼太
涼太
うん。夏恋連れてくと、あえてうれし〜ってうるさいでしょ。
亜嵐
亜嵐
わかった。行くよ。
放課後
ピーンポーン
あなた母)はーーい。今行きます。
あなた母)あら!涼太くん…亜嵐くん…どーしたの?
涼太
涼太
お邪魔します。あなたのことで…
あなた母)ごめんね。あなたたち2人には、伝えておくわ。
あなた母は全てを話した。
亜嵐
亜嵐
う…そ…だろ?
涼太
涼太
え…うそだ…
亜嵐
亜嵐
助ける方法は!!??ないんですか??!!!!
あなた母)一応一つあるわ。海外での手術よ。でも本人はどうせ死ぬかもしれないなら、私の初めての星に会えたこの街で死にたい。って、星ってなんのことなのかしら?
あなた母)え!?!?亜嵐くん!?
涼太
涼太
おい!待てよ!
涼太
涼太
すみません。ありがとうございます。
お邪魔しました。
亜嵐はあなたの病院へ走り出し出していた。