無料ケータイ夢小説ならプリ小説 byGMO

第4話

夏休みお泊まり会 その3
寝る場所くじ引き
1→涼太
2→夏恋
3→あなた
4→亜嵐
1.2
3.4
と、ならんで寝ることとなった
亜嵐
亜嵐
さっきはごめん🙏
キスうまくできなくて…
あなた
あなた
ううん大丈夫。
あなた
あなた
心の声)ヤバイよぉ!さっきから!ドキドキしっぱなしだよ!ん?これって恋???
亜嵐
亜嵐
ヤバイ…あなた可愛すぎ、さっきからやばい。あなたのこと俺好きだわ。さっきのキスに意味がこもってるなんてあなたはわかんないんだ…あなた好きなんだ…デモあなたの頭の中に俺はないだろうな…苦しい
俺抑えられるかな?
あなた
あなた
心の声)あ。私今日一日中亜嵐が頭にいた。
こんなの初めて、誰かを好きになるってこーいうことなんだ。でもきっと亜嵐は私なんか好きじゃないんだろうな…でも…さっきのキスに意味がこもってて欲しかった…