無料ケータイ夢小説ならプリ小説 byGMO

第5話

夏恋と涼太
お泊まり会
寝ているときの夏恋と涼太
涼太
涼太
あの…さ…さっきのハグなんだけど…
夏恋
夏恋
んー???
どーしたのー?涼太ぁむにゃむにゃ
涼太
涼太
寝とるんかい!
夏恋
夏恋
わ!起きてる生きてる動いてる!大丈夫!
涼太
涼太
ア…それでハグなんだけど、もう一回していい?
すると、夏恋はいきなり涼太に抱きついた。
涼太
涼太
!?!?
夏恋
夏恋
あったかい。涼太はいつもあったかいねぇ。
大好きだよ。
涼太
涼太
ねぇ顔上げて?
夏恋
夏恋
ん?
ちゅ
涼太は夏恋にキスをした。
涼太
涼太
俺、、夏恋のこと好きなんだ。
ずっーと前から。俺の彼女になってくれないかな?
夏恋
夏恋
いいよ…カレン、涼太のこと本当は大好きだったんだ!笑笑
ちゅ
その日2人は手を繋いで寝た