無料ケータイ夢小説ならプリ小説 byGMO

第10話

亜嵐side
ごめん…あなた…ホントに…
本当は大好きだよ。伝えたいよ…苦しい…
好きなんだ。
でもあなたが大好きだから、今しかできない事をたくさん楽しんでほしい…俺なんかで、あなたの時間を奪いたくない…
譲りたくない…苦しい…
あなた…大好き。
亜嵐は左足が動かなくなっていた…