無料スマホ夢小説ならプリ小説 byGMO

919
2022/01/29

第57話

🌀
今日は体術の練習の日。
みんな体力付けないと死んじゃうからね〜。
叶芽(なまえ)
叶芽あなた
はいはいみんな〜!もっと全力で!
私は1年3人の相手を同時にしている。
真希、パンダ、乙骨くんの3人の相手。
棘は疲れてお休み中。
禪院真希
禪院真希
これが私の全力なんだよッ…!
凄いスピードで木刀を振りかざしてくる真希。
叶芽(なまえ)
叶芽あなた
そんなんじゃ私は殺せないぞ〜!
手で木刀を止めてみせる。
パンダ
パンダ
…フッ!
横からパンダの拳が。
叶芽(なまえ)
叶芽あなた
お…ッと…
チラッと乙骨くんの方を見る。
速すぎて着いてこれてないっぽい…な。
叶芽(なまえ)
叶芽あなた
はい、やめ!1vs1にしよー!
禪院真希
禪院真希
おい!今いい所だったろ!
パンダ
パンダ
そうだぞあなた!なんで止めるんだよ!
叶芽(なまえ)
叶芽あなた
ささ、そんな事はいいから特訓!
叶芽(なまえ)
叶芽あなた
とりあえず…ペアもやる事も自由!頑張って!
と声をかけた私は、生徒の声を無視してとある場所へ向かった。
叶芽(なまえ)
叶芽あなた
どう?悟。上の調子は。
五条悟
五条悟
いや〜、やっぱり腐ってるね。憂太はこっちで預かるって言ってるのに。
サングラスを外して、包帯を目の付近にまく悟。
叶芽(なまえ)
叶芽あなた
そろそろ包帯じゃなくて…こう…目を手間少なく隠せるやつにしたら?
五条悟
五条悟
そうだねぇ…目隠し辺りかな!
他愛もない会話を交わす私たち。
高専付近に着くと、悟はこう言う。
五条悟
五条悟
若者から青春を取り上げるなんて、許されていないんだよ。
きっと、悟の目線は乙骨くんに向いている。
五条悟
五条悟
何人たりともね。
叶芽(なまえ)
叶芽あなた
…はっ、そうだね。
乙骨くんをあれほど説得した理由の一つ。
きっとそれは、この言葉にも込められている。
禪院真希
禪院真希
おいあなた〜、相手してくれよ!
叶芽(なまえ)
叶芽あなた
あれほど言ってるでしょ、私の剣術は2級ぐらいまでの実力しかないんだって!
禪院真希
禪院真希
オマエ、素手で刀に勝てるだろ!
叶芽(なまえ)
叶芽あなた
あは、バレた?
私は教師になった事を後悔なんてしないだろう。
若人とは言っても、私達もまだ青春を味わう権利ぐらいあるんだよ。
その青春が、今、1番味わう所なんだなって。
五条悟
五条悟
ちょっとあなた、僕とも組んでよ!
叶芽(なまえ)
叶芽あなた
嫌だね、悟とやると手加減してくれないんだもん。
禪院真希
禪院真希
パンダ、棘、乙骨。あいつ、振られてるぞ。
パンダ
パンダ
いつもの事だろ。
狗巻棘
狗巻棘
しゃけしゃけ。
乙骨憂太
乙骨憂太
そうなんだ…。
叶芽(なまえ)
叶芽あなた
しょうがない、真希とやった後組んでやるよ!
五条悟
五条悟
!!
禪院真希
禪院真希
オラ、やるぞ!
叶芽(なまえ)
叶芽あなた
全力でね!
1年には、関わりも大切にしてもらいたいもんだ。




✂ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー
デイリーランキング(すべて)65位…😭❕
ありがとうございますッ🙇‍♀️✨
もう何と言っていいか…👼💦
読んでくださる皆様の期待に応えられるように
頑張って行きますので…✊🔥
これからも応援よろしくお願いしますッッ💪‼️


♡2200 𝐓𝐡𝐚𝐧𝐤 𝐲𝐨𝐮 👼💕
✂ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー