無料スマホ夢小説ならプリ小説 byGMO

999
2022/01/27

第51話

✎🏫
あれ…電話?飛行機なんだが。
叶芽(なまえ)
叶芽あなた
……嘘…
理子ちゃんが殺された、って…嘘、だよね…
七海建人
七海建人
…あなたさん?
灰原雄
灰原雄
あなた先輩、どうしたんですか?
この事実を1年に伝えなきゃ、でも、人の死なんて始めてすぎて…。
叶芽(なまえ)
叶芽あなた
…理子…ちゃん、…星漿体…銃殺されたッ…て…。
七海建人
七海建人
…任務失敗…ですか…。
灰原雄
灰原雄
…嘘…。
1年生。やっぱり、人の死はキツイかな。
叶芽(なまえ)
叶芽あなた
…でも、1年生はこんな大きな任務初めてだよね。それにしては、上手くできたんじゃないかな。
『君達は立派だよ。』
先輩らしい言葉で精一杯励ます。
七海建人
七海建人
…それはあなたさんも同じでしょう。
叶芽(なまえ)
叶芽あなた
えっ…?
『星漿体の護衛以上に大きい任務なんてありませんよ。』
と、少し微笑んで自分も辛いはずなのに慰めてくれる七海くん、
『そーそー!先輩も僕らも頑張ったんだよ!』
と言ってニコニコ笑っている灰原くん。
私が心配するほど弱くないんだな。
叶芽(なまえ)
叶芽あなた
うふふ、やっぱり良い後輩を持ったもんだな!
七海建人
七海建人
あなたさんは相変わらずですね。
灰原雄
灰原雄
そう?僕はあなた先輩に撫でられたりするの好きだけどな!
私はぐしゃぐしゃと2人の頭を撫で、腕で2人の頭を抱き寄せる。
叶芽(なまえ)
叶芽あなた
やっぱり君達最高だよ!1年下とは違うね〜!
七海建人
七海建人
五条さん達、生意気なんですね。
灰原雄
灰原雄
そうかな?いい人だと思うけど!
仲間って心強いな、私も頑張らないと!



✂ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー