無料スマホ夢小説ならプリ小説 byGMO

1,098
2022/01/26

第49話

✎🏫
それから私は、1年との合同任務が多くなった。
まぁ、私がわがまま言って通したんだけどね。




悟が1級に登ってきた中、
私は特級になった。
叶芽(なまえ)
叶芽あなた
…まじか。
五条悟
五条悟
おめでとう!
家入硝子
家入硝子
おめでとうあなた先輩!
夏油傑
夏油傑
なんの騒ぎかと思ったら…あなた先輩、特級に…
叶芽(なまえ)
叶芽あなた
そうそう傑〜、頑張ったんだよ〜
傑にえんえん言って抱きつく。
五条悟
五条悟
おいあなた〜、俺でいいだろ?
悟は両手を広げて待機している。
叶芽(なまえ)
叶芽あなた
え?傑がいい。
家入硝子
家入硝子
五条振られてんのウケるww
夏油傑
夏油傑
先輩…
傑は命の危機と言ってもいいほど慌てた目で見てくる。
悟を見ると、殺気立った目で傑を見ていた。
叶芽(なまえ)
叶芽あなた
はぁ…傑に抱きついてたかったわ…
そう言って硝子に抱きつく。
家入硝子
家入硝子
ちょ、あなた先輩w
五条がすんごい顔にww
またまた悟の方を見ると、眉間に皺を寄せ、呆れたような顔をしていた。
五条悟
五条悟
硝子だったら良いってもんじゃねぇんだよ…
五条悟
五条悟
こっち来いよぉ〜…
また両手を広げている。
叶芽(なまえ)
叶芽あなた
しょうがないなぁ…
私は悟の方に向かう。
叶芽(なまえ)
叶芽あなた
…やーめたッ
叶芽(なまえ)
叶芽あなた
う〜ん、悟より抱き心地いいかも…
やっぱり傑に抱きつく。
夏油傑
夏油傑
先輩…悟が…
今にも暴れだしそうな顔。
叶芽(なまえ)
叶芽あなた
悟おいで〜
両手を広げる。
その瞬間、悟の顔は明るくなった。
犬かよ…
五条悟
五条悟
はぁ…落ち着く…
抱きついてくるが、とてつもなく苦しい。
叶芽(なまえ)
叶芽あなた
悟…苦しい…傑のがいい…
五条悟
五条悟
あ"?
叶芽(なまえ)
叶芽あなた
…何でもないです。
傑のが優しい…
家入硝子
家入硝子
あなた先輩と五条って付き合ってるの?
叶芽(なまえ)
叶芽あなた
!?!?え、硝子なんで!?
五条悟
五条悟
付き合ってねーよ!!
家入硝子
家入硝子
え、でもラブラブだよね、傑。
夏油傑
夏油傑
否めないな、ラブラブだ。
叶芽(なまえ)
叶芽あなた
傑ー?
硝子ちゃんは許せる…けど、傑は許さん。
叶芽(なまえ)
叶芽あなた
傑ぎゅー!
悟を振り払って傑に抱きつく。
五条悟
五条悟
よーし傑殺す、校庭行くぞ。
夏油傑
夏油傑
そうか、全力で行くよ。
今日も今日とて平和だな。





✂ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー
♡1700  Thanks💕
✂ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー