無料スマホ夢小説ならプリ小説 byGMO

1,026
2022/01/27

第52話

✎🏫
少しすると落ち着いて、いつものような生活に。
叶芽(なまえ)
叶芽あなた
灰原くん、七海くん〜!
灰原雄
灰原雄
わっ、先輩!
七海建人
七海建人
あなたさん。おはようございます。
叶芽(なまえ)
叶芽あなた
任務行っちゃうんだってね…今日一緒に授業サボろうと思ってたのに!
叶芽(なまえ)
叶芽あなた
あいたっ、
七海くんのデコピンを食らう。
七海建人
七海建人
全く、サボったらダメですよ。
『しっかり授業受けてください。』
叶芽(なまえ)
叶芽あなた
はいはい!
灰原雄
灰原雄
先輩、はいは1回ですよ!
叶芽(なまえ)
叶芽あなた
うふふ、は〜い!
後輩を抱きしめる。
灰原雄
灰原雄
よしっ、任務頑張ってきますね!
叶芽(なまえ)
叶芽あなた
灰原くん、頑張れ!勿論七海くんもね!
七海建人
七海建人
一刻も早く祓ってきます。
七海くんはしっかり者だし、灰原くんもきちんとしてる。
呪術界はしばらく安泰だな!
悟もいるしね〜
五条悟
五条悟
あ、おい、あなた。
夏油傑
夏油傑
先輩おはようございます。
叶芽(なまえ)
叶芽あなた
お、後輩1と2!
抱きしめようと思ったけどでかい。
叶芽(なまえ)
叶芽あなた
ちょっと2人、しゃがんで〜!
しゃがんだ瞬間ぎゅーっと抱きしめる。
五条悟
五条悟
ちょ、あなた…
夏油傑
夏油傑
はは、先輩ありがとうございます。
なんか傑、暗い…?
叶芽(なまえ)
叶芽あなた
ねぇ、悟、私の部屋からちょっといちごミルク取ってきて!
五条悟
五条悟
あ"?なんでだよ
叶芽(なまえ)
叶芽あなた
少しあげるから!
そう言った瞬間私の部屋に向かって歩き出す。
叶芽(なまえ)
叶芽あなた
…さて、傑。
夏油傑
夏油傑
…
叶芽(なまえ)
叶芽あなた
暗い顔してどうしたんだ。
叶芽(なまえ)
叶芽あなた
無理して笑うなよ。
夏油傑
夏油傑
…はは、お見通しですか。
叶芽(なまえ)
叶芽あなた
先輩なんだと思ってんだよ、そんくらい分かるわ!
ニコッと笑ってみせる。
夏油傑
夏油傑
…はは、なんでもないですよ。
叶芽(なまえ)
叶芽あなた
なんかあったら頼れよ。
夏油傑
夏油傑
…はい。
そう言う傑は申し訳なさそうな顔をしていた。
あれ、向こうから悟が走ってきてる。
叶芽(なまえ)
叶芽あなた
…やば。
私が逃げようとする時には遅かった。
五条悟
五条悟
おい?あなた。いちごミルクなんて無かったぞ。
叶芽(なまえ)
叶芽あなた
あはは、ごめん、嘘ついた。
五条悟
五条悟
なんでだよ!!!
叶芽(なまえ)
叶芽あなた
傑とイチャイチャしたかったから!
五条悟
五条悟
…
あ、やべ。これ拗ねた。
叶芽(なまえ)
叶芽あなた
悟くん??
叶芽(なまえ)
叶芽あなた
おーい?
無視して歩き出してる。こりゃ今は無理だな。
叶芽(なまえ)
叶芽あなた
傑、今日から悟の機嫌最悪になるかも。
叶芽(なまえ)
叶芽あなた
なんとか耐えて。
てかアイツ任務だろ…とボソボソ言ってると傑は、なんだろう、こう、自然に出てきた笑顔…じゃない、自分で作った笑顔で笑っていた。




✂ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー
原作読んでない方次回から気をつけてください!
あとこれ…
新作です!
✂ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー