無料ケータイ夢小説ならプリ小説 byGMO

216
2021/08/12

第9話

きゅうわ*°
あれから1ヶ月…







この1ヶ月間に謎の力…能力者がどんどん増えていった…









そして能力を検査することも出来るようになったらしい…













で…今日学校でその検査をするのだが
そらびび
そらびび
だるいなぁ…
こーく
こーく
めんどくせぇー
まぁ2人ともこんな感じ……こーくって真面目なイメージがあるが…面倒くさがりで…俺と似た性格をしている。
先生
先生
次そらびび!着いてこい
そらびび
そらびび
はぁい…
先生
先生
手首…かして
そらびび
そらびび
ンン
ピッ!!!
検査では…能力者か、どんな能力か、能力値を調べることが出来るらしい…今の技術はすごく進んでいるんだな…












能力者は○
半能力者(まだ能力は目覚めてないが…能力者ではある)△
能力者ではない✕







と表されるらしい。まぁ…俺は○って表されるだろうなw










先生
先生
え…
そらびび
そらびび
どうでしたか?
先生
先生
これは…凄すぎる…
そらびび
そらびび
は、はぁ
まぁ何となくそういう反応をされると思っていたが…
先生
先生
これを…見てみろ。
そらびび
そらびび
はい。
そこには







能力…○
能力の種類…考えた事が具現化する能力
能力値…70000










と…出されていた…
そらびび
そらびび
んー…これが…?
先生
先生
あ、言ってなかったな…能力値は0〜99999まである。
中学生平均値10000で…成人の平均値は40000だぞ?お前…は凄い能力者なんだ…
そらびび
そらびび
は…はぁ?

それからというもの…能力についてめっちゃ話された…クソ眠い
そらびび
そらびび
しんど…
こーく
こーく
大丈夫?w
そらびび
そらびび
笑い事じゃねぇよ…まじしんどい
先生
先生
次…こーく!チラッ
そらびび
そらびび
いちいち、こっち見るなよ…ハァー
能力値は…鍛えるほど強くなる。70000あったらもういいかな…w















そんなことを考えながら…能力検査をしているこーくを待っていた…
こーく視点
先生
先生
手首貸してくれるか?
こーく
こーく
ハイ


ピッ!!!
先生
先生
……え
先生
先生
お、お前何者だ…!
こーく
こーく
ど、どうでした?


そこには
能力…○
能力の種類…???
能力値…99999
と出されていた
こーく
こーく
バレましたか。
こーく
こーく
これは内緒にしててください…そうですね…能力値は0ということにしてください…
先生
先生
わ、分かった
こーく
こーく
ではニコッ
そらびび
そらびび
終わった?
こーく
こーく
おわったよ…
そらびび
そらびび
どうだった!
こーく
こーく
えっとね
能力者で能力が分からなくて…能力値が0だった
そらびび
そらびび
へ?は?
そらびび
そらびび
おま…それどういう…
こーく
こーく
知らねw能力値0とかあるんだと思ってw
こーく
こーく
びびくんは?
そらびび
そらびび
俺は…能力者で能力は考えた事が具現化する能力で能力値が70000…
こーく
こーく
え?すご!最強じゃん…
そらびび
そらびび
でも70000でしょ?99999の人とかも多分おるし。
こーく
こーく
やば…
そらびび
そらびび
何か言った?
こーく
こーく
ううん…何も
1ヶ月後




俺は最強能力者として有名になっていた。
犯罪を犯している奴らを退治していたからだ…









正直最強とかどうでもよかった…











俺はいつもどうり帰宅する
そらびび
そらびび
ただいま!



いつもだったら…返事はすぐ返ってくるはずなのに今日は返って来なかった…
そらびび
そらびび
出かけてるのかな?



リビングの方に向かうと見たくない光景が映し出されていた。















親が刺殺されている。
そらびび
そらびび
お、お父さん…お母さん…?





そこに1つの手紙






『最強能力者とイキってるらしいからなwそんなお前に腹が立つ…
だから親殺しちまったwまぁお前は殺せない…
最強能力者だから手が出せないということ…苦しんで欲しいということ…
まぁ俺を楽しませてくれよw』
そらびび
そらびび
意味が分からない…グスン



俺は逃げた…現実から目を背けてしまった。















逃げて逃げて…ある公園に着いた。そこには1人来客者がいた。













赤いパーカーを着た少年がこっちを見て
こーく
こーく
よっ!びびくん!
と言った


そこで…こーくと少し雑談した…嫌なことも忘れられたし…いて楽しかった。















でも話が途切れるとまた思い出す…
こーく
こーく
何か今日調子悪いよな…どうした?
そらびび
そらびび
いや…その。
こーく
こーく
何だよ。俺たちはそんな仲なのか?全然相談のるよ!
そらびび
そらびび
じゃ、じゃあ。



俺が話すとこーくは真剣な顔をして聞いてくれた
こーく
こーく
何だよ…もっとはやく言えよ
そらびび
そらびび
へ?
こーく
こーく
今日は俺の家で泊まっていけ!
そらびび
そらびび
いや悪いよ、
こーく
こーく
いいから!
そらびび
そらびび
うん…
そらびび
そらびび
お、お邪魔します…
こーく
こーく
大丈夫誰もいないよw
そらびび
そらびび
え?親は…?
こーく
こーく
実は俺も…親いなくて。
こーく
こーく
分かるんだよ…気持ちが
そらびび
そらびび
そっか…


それからゲームして…雑談して…
楽しかった…悪いこともあったけど…それより
こーくと沢山話せて…


俺はその日出かけていた…
で今から帰宅しようとした時…




ある少年が倒れていることに気がついた…












その周りにガラの悪い連中がいた










その少年を俺は知っている。
「こーく」だ















俺は急いで走った…またあんなことになるんじゃないかと…そう思った…
そらびび
そらびび
こーくハァハァ
こーく
こーく
び、び、く、ん
こーく
こーく
き…ちゃ…だ。め。
そらびび
そらびび
おま…
敵(能力者)
敵(能力者)
何?お前がそらびび?
ボス
ボス
こいつこいつw
そらびび
そらびび
こーくから離れろ…


とその瞬間…雷が落ちた。
ボス
ボス
ヤッバ…退散だ。
そらびび
そらびび
ハァハァ…
雷は俺の手から出された雷ので…俺の手はまだビリビリしていた…
こーく
こーく
びびくん…あ、りがと。
そらびび
そらびび
なんだよ。お前…
そらびび
そらびび
らしくないこと言うなよ!
こーく
こーく
びびくん、、
こーく
こーく
おれは、もう、無理だから、これ、、俺の、能力、、びびくん、に、たくす、
そらびび
そらびび
え…能力を無効化する能力?
こーく
こーく
この能力……チーターでしょ……だから能力値は99999なんだよね………。秘密にしてたんだけど………
こーく
こーく
も。ら…って。く、れる?
そらびび
そらびび
うん。
こーく
こーく
ありがと…俺はびびくんのなかにずっといるカラ…
そらびび
そらびび
…嗚呼…まただ。また大切な人が。



俺が人と関わるから…こんなことに…















なら…もう関わらないようにしよ。














この日俺は人と関わることをやめてしまった。
そらびび
そらびび
ざっくり説明するとこんな感じ…
そらびび
そらびび
だから…あのボスのことは知っていましたし…光輝いた理由として…俺のなかにいるこーくが…手を貸してくれたって感じですw
ぷりっつ
ぷりっつ
なるほど…
あっきぃ
あっきぃ
まさか…びびくんが…能力値99999以上だっただなんて…
ぷりっつ
ぷりっつ
でも…99999もあったら…体しんどくね?
そらびび
そらびび
ううん…いつもは具現化の方を使ってるから…そっちの能力値になってるからしんどくないですよ!
あっきぃ
あっきぃ
びびくんの体すご!
そらびび
そらびび
そうですかね?
あっきぃ
あっきぃ
てかさ!びびくんそろそろタメ口使ってよ!
ぷりっつ
ぷりっつ
確かに…俺たちのことぷりっつさんだし…
あっきぃ
あっきぃ
仲間だしね!
そらびび
そらびび
じゃあ…あっきぃ…ぷりちゃんこれいいです…ゲフン
そらびび
そらびび
いい?
ぷりっつ
ぷりっつ
もちろん!
そらびび
そらびび
改めてこれからよろしく!
あっきぃ
あっきぃ
よろしく!








過去編~完~
あっきぃ
あっきぃ
能力値…99999か…


俺の戻す能力…必要なのかな…?















NEXT▷▶︎
くも
くも
いや多分分かりにくかったですよね。
くも
くも
分かりにくくてすみません…🥺
くも
くも
次からはちゃんと分かりやすくします⬅無理
くも
くも
ではおつくも☁*°