無料ケータイ夢小説ならプリ小説 byGMO

360
2021/05/09

第4話

よんわ*°
そらびび
そらびび
へぇーきちんと整理整頓されてる…
あっきぃ
あっきぃ
そうでしょ!
あっきぃさんが…にぱっと笑っていた
こっちまで元気になるくらい…
ぷりっつ
ぷりっつ
ご飯出来たよぉ
あっきぃ
あっきぃ
お!今日は何だろ( *´꒳`*)


食卓へ向かうと








そらびび
そらびび
゚+。:.゚おぉ(*゚O゚ *)ぉぉ゚.:。+゚



豪華な食事が並んでいた…
あっきぃ
あっきぃ
流石ぷりてぃん!美味そう(´﹃`)
あきぷりびび
いただきます!
そらびび
そらびび
ぷりっつさんとあっきぃさんはいつから仲良いんですか?
ぷりっつ
ぷりっつ
俺たちは小学生からの仲だな
あっきぃ
あっきぃ
ずっと一緒だよね( *´꒳`*)
ぷりっつ
ぷりっつ
まぁでも能力者になってからもっと仲良くなったな!
そらびび
そらびび
へぇー



いいなぁ…ずっと一緒か…





???
『ずっと一緒だからな!約束だぞ!』
そらびび
そらびび
あっきぃ
あっきぃ
びびくん!?どしたの?


ッッ!!いつの間にか…考え事をしていた…
そらびび
そらびび
何でもないよ…大丈夫だから気にs((


その瞬間…ブーブーと3人の携帯に通知音が鳴った








通知音が鳴った瞬間…2人の目付きが変わった





C
「依頼︰○○区のマンションで能力を使った暴力団がいる…そのせいで事件が相次いでいる…普通の人間もいるらしいから…殺さない程度にね…能力者は全員戦闘系だよ!」
ぷりっつ
ぷりっつ
「流石パイセン!情報がはやい!」
C
「それほどでも(´>∀<`)ゝ))エヘヘ」
あっきぃ
あっきぃ
んー今回はあまり活躍出来なさそうだな…
ぷりっつ
ぷりっつ
そんなことないと思うけどね…!
そらびび
そらびび
(Cは何でこんな情報を知っているんだろ…暴力団か…嫌な思い出が……)
C
「びびくんは今回はじめての依頼だから…無理しないでね!」
そらびび
そらびび
「はい!」
C
「後個人交換しよ!」
そらびび
そらびび
「いいですよ笑」
C
「では頑張って!3人とも!」
あきぷりびび
「はい!」




はじめての依頼でまさか…あんな事が起こるなんて…




















俺は夢にも思わなかった…















--------キリトリ線--------
くも
くも
スクロールお疲れ様でぇす!
くも
くも
表現の仕方がどんどん下手くそになってる🥺
それでも見てくれたら嬉しい🥺
くも
くも
ではまた!