無料ケータイ夢小説ならプリ小説 byGMO

前の話
一覧へ
次の話

第1話

始まり
±









































12月25日、午後9時
































僕の彼女は死んだ





























「すびんくん!」































僕の名前を呼んで、笑いかけてくれた彼女は






































もう、いない_____















































