無料ケータイ夢小説ならプリ小説 byGMO

第2話

レイside
なんか、藤ヶ谷くん、私が入ってからずっとこっち見てるし、何かあるのかな?


藤ヶ谷太輔
あ、レイ
ちょっと聞きたいことあんだけど


なんだろ
レイ
はい、何ですか?
藤ヶ谷太輔
俺ってこの撮影で終わりだよね?
なんだ、仕事の話か…
ドキドキしちゃったじゃん
レイ
はい、そうですね
藤ヶ谷太輔
わかった
ありがとう
ね、藤ヶ谷くんがありがとうだって!
あの笑顔は何??
あのカッコ良さは何?
藤ヶ谷くん、今日なんかおかしくない?((失礼
やばーい



でもでも、恋はしちゃダメ!

レイ!しっかりしなさい!!

あー、でも、さっきから藤ヶ谷くんがこっちを見てる理由が知りたい


ホントに分からないよね




あとで話しかけてみるか






めっちゃ短ーいと思ったそこのあなた



はい、そうです



その通りです


久しぶりの更新で前回もそうなのに…



ホントにごめんなさい!!!


初心者が2作品掛け持ちは結構大変で…


でも、ちゃんと更新します


その間待っていて欲しいです


お願いします


ではでは、また、今度



レイ