無料ケータイ夢小説ならプリ小説 byGMO

第4話

バカは風邪を引かない😷
ゆずな〈作者〉
ゆずな〈作者〉
皆さんは知っていますか?
ゆずな〈作者〉
ゆずな〈作者〉
「バカは風邪を引かない」という事を
ゆずな〈作者〉
ゆずな〈作者〉
その意味って、風邪引いてる事に気づいていないからバカって言うらしいですけど、、、
ゆずな〈作者〉
ゆずな〈作者〉
私が過去に風邪を引いて小説の投稿日を1日だけ削ったの、覚えてますか?
ゆずな〈作者〉
ゆずな〈作者〉
その時の話しです。
ゆずな〈作者〉
ゆずな〈作者〉
私は風邪を引いて、ほんとにダルかったから家で休んでいたんです。
ゆずな〈作者〉
ゆずな〈作者〉
そしたら、いつも元気で少し騒がしい友達がお見舞いに来てくれたんです。
ゆずな〈作者〉
ゆずな〈作者〉
色々と看病してくれたので、たまには頼りがいのある友達だなって実感していた私でした。
ゆずな〈作者〉
ゆずな〈作者〉
すると友達が突然、
「なんかうち、体が重いわぁ~まっ、気のせいかなっ🌟」
とか言い出したんです。
ゆずな〈作者〉
ゆずな〈作者〉
その友達、全く体調くずさなくて、風邪引いてるって事を聞いたことないほど元気で健康な友達でいた。
ゆずな〈作者〉
ゆずな〈作者〉
なので、もしかして私の風邪移しちゃったのかなと少し考えて、体温計を貸したんです。
ゆずな〈作者〉
ゆずな〈作者〉
友達が体温計で体温をはかったら、
ゆずな〈作者〉
ゆずな〈作者〉
38.7度だった、、、
ゆずな〈作者〉
ゆずな〈作者〉
もちろん私も友達も凄い驚きました。
ゆずな〈作者〉
ゆずな〈作者〉
で、慌てて重い体を引きずって友達を家まで送ったよ😉
ゆずな〈作者〉
ゆずな〈作者〉
それで30分くらい友達の様子みてた。
ゆずな〈作者〉
ゆずな〈作者〉
病人が病人を看病してるってどういう状況やねん、、、
ゆずな〈作者〉
ゆずな〈作者〉
看病しに来てくれた相手を看病し返してあげた日だった✌️
ゆずな〈作者〉
ゆずな〈作者〉
その次の日、友達が病院に行っんだって。
ゆずな〈作者〉
ゆずな〈作者〉
そしたら、
ゆずな〈作者〉
ゆずな〈作者〉
インフルエンザにかかってたらしい。
ゆずな〈作者〉
ゆずな〈作者〉
マ🌟・ジ🌟・か🌟
ゆずな〈作者〉
ゆずな〈作者〉
後から知った、、、
ゆずな〈作者〉
ゆずな〈作者〉
その友達は風邪を引いてても気づかないタイプらしい。。。
ゆずな〈作者〉
ゆずな〈作者〉
友達は本物の「バカ」だったらしい。
ゆずな〈作者〉
ゆずな〈作者〉
その友達本人にこの投稿が見られてしまう前に先に謝ります。バカと言ってごめんなさい!
ゆずな〈作者〉
ゆずな〈作者〉
みんなも、いつの間にか風邪を引いているかもだから、気を付けてね。
ゆずな〈作者〉
ゆずな〈作者〉
私の友達みたいに知らぬ間にインフルエンザにかかっているかも!
ゆずな〈作者〉
ゆずな〈作者〉
この時期、風邪には注意せなあかんからね~
ゆずな〈作者〉
ゆずな〈作者〉
って言ってる私もさっき体温をはかったら、37.6度あったぞい(;゜∀゜)

みんな本当に風邪に気を付けて~っ!

てゆーか、今日は少し発言の中になまりが出てしまった、、、

なまりがある事は気にしないで!

恥ずかしいから、、、(/-\*)