無料ケータイ夢小説ならプリ小説 byGMO

第17話

ゆずなの冬のおバカ話🌁⛄🌁
ゆずな〈作者〉
ゆずな〈作者〉
最近、とても冷え込んできてますね、、、
ゆずな〈作者〉
ゆずな〈作者〉
外がめちゃめちゃ寒いですよね、、、
ゆずな〈作者〉
ゆずな〈作者〉
お部屋は温かいですよね、、、
ゆずな〈作者〉
ゆずな〈作者〉
外がとっても寒い中、私は室内にこもりがちです。
ゆずな〈作者〉
ゆずな〈作者〉
引きこもりじゃないですよ?
寒いだけです。←知ってるわ))殴
ゆずな〈作者〉
ゆずな〈作者〉
そんな中、私はとてもおバカな事をやってしまったのです、、、。

~寒い季節、ゆずなのおバカなミスをした話~
ゆずな〈作者〉
ゆずな〈作者〉
外の気温が2度くらいに下がってきた最近の話しです。
ゆずな〈作者〉
ゆずな〈作者〉
私はいつも寝る前に、窓を開けて星を確認するんです。明日の天気を予想するためです。
ゆずな〈作者〉
ゆずな〈作者〉
その日、私はいつもの用に窓を開けて星を見ていました。
ゆずな〈作者〉
ゆずな〈作者〉
その時、突然家の固定電話が鳴って、急いで電話に出ました。
ゆずな〈作者〉
ゆずな〈作者〉
電話先の人との会話も終わり、遅い時間だったので、その後すぐに寝ました。
ゆずな〈作者〉
ゆずな〈作者〉
次の日、目を覚ますと、異様に寒いんです。いつもは室内は温かく、すぐに体を起こせるのですが、あまりにも寒く、その日はなかなか体を起こせませんでした。
ゆずな〈作者〉
ゆずな〈作者〉
異様な寒さに疑問を抱き、部屋の壁に釣る下げてある温度計を見ると、
ゆずな〈作者〉
ゆずな〈作者〉
部屋の温度は2度でした、、、
ゆずな〈作者〉
ゆずな〈作者〉
外と同じ温度に驚いて窓を見ると、窓が全開に開いてた、、、
ゆずな〈作者〉
ゆずな〈作者〉
よくよく昨夜、星を見ていた時の事を振り替えると、私は窓を閉めずに電話に出ていたのです、、、
ゆずな〈作者〉
ゆずな〈作者〉
そのおバカさ、逆に震える、、、
ゆずな〈作者〉
ゆずな〈作者〉
まあこんな感じの、ゆずなの冬のおバカな出来事でした。
ゆずな〈作者〉
ゆずな〈作者〉
みんなも窓を開けたら閉めようね!
ゆずな〈作者〉
ゆずな〈作者〉
うん、常識だね!
ゆずな〈作者〉
ゆずな〈作者〉
なんでゆずなは常識な事が出来なかったんだろ~。あははー。(泣)
ゆずな〈作者〉
ゆずな〈作者〉
てことでバイバーイ!



おまけ


〈~ゆずなのいらない豆知識~〉


ゆずなは寒いと口調が敬語になるよ!\(°▽°)オボエテ
《再現》

友達A<今日めっちゃ寒いね~

ゆずな<ソ、ソウデスネ、、、

友達B<でた、敬語モードw

ゆずな<サムイノデハヤクシツナイニハイリマショ

友達C<違和感しかないわw



[完]