無料ケータイ夢小説ならプリ小説 byGMO

第5話

ホラー映画👻
ゆずな〈作者〉
ゆずな〈作者〉
この間、友達がホラー映画のDVDを家に持ってきたんです。
ゆずな〈作者〉
ゆずな〈作者〉
その映画が夜になると、謎の怪物が必ず誰かの家に現れ、家の人を襲うという内容でした。
ゆずな〈作者〉
ゆずな〈作者〉
私はホラー系が大の苦手だったので、ホラーが得意な友達にずっとしがみついていました。
ゆずな〈作者〉
ゆずな〈作者〉
途中で絶叫しつつも、なんとか映画を見終わりました。
ゆずな〈作者〉
ゆずな〈作者〉
そして、友達が帰ってしまったた時にはもう外は暗くなっていました。
ゆずな〈作者〉
ゆずな〈作者〉
その日の夜、私はホラー映画を思い出し、眠れずにいました。
ゆずな〈作者〉
ゆずな〈作者〉
ふと窓の外を見ると、何やら白い物体がゆらゆらと揺れていました。
ゆずな〈作者〉
ゆずな〈作者〉
私は物凄く恐怖を感じ、毛布にくるまりながら窓をそーっと開けると、、、
ゆずな〈作者〉
ゆずな〈作者〉
なななんとっっっ!!!
ゆずな〈作者〉
ゆずな〈作者〉
風でふくらんだビニール袋が窓辺に引っかかって揺れていただけだった、、、
ゆずな〈作者〉
ゆずな〈作者〉
ある意味悲しい、、、😭
ゆずな〈作者〉
ゆずな〈作者〉
みんなもホラー系を見た後は気を付けてね~
ゆずな〈作者〉
ゆずな〈作者〉
もしかしたらあなたのうしろに、、、
ゆずな〈作者〉
ゆずな〈作者〉
じゃあねっ👋

〈おまけ〉

「もしかしたらあなたのうしろに、、、」
っていう文を打ち込んでいる時、自分の背後に何か居そうで怖くなった😱

自分が思い付いた文なのに、、、