無料ケータイ夢小説ならプリ小説 byGMO

第11話

もっと○○○○だったら私は……




あなたside



私がもう少し可愛く産まれてきたら


もう少し勉強が出来たら



もう少しスタイルが良かったら









私は晴人とならんで歩けるはずだったのに















いっつもほぼすっぴんと言えるぐらい薄いメイク











私も美容に目覚めよっかな














そう思ってから、美容の雑誌や、動画などを見始めた








裕介
裕介
えぇ?!あなたちゃん何買ってんの?!
あなた

何?私女子だからね?

裕介
裕介
いやそういうの初めて見た……ってかスタイル良くなったよね
あなた

ほんと?!嬉しい////

裕介
裕介
いや、本気で///
あなた

じゃあもう行くね!

裕介
裕介
う、うん!



















あなた

このアイシャドウ可愛い……






すごく可愛い赤色











メイク動画だと









[ファンデーションとかは、手で塗ります。スポンジだと綺麗に塗れないので]



[髪の毛は、毛先だけをくるっと巻くといいです]



[涙袋はキラキラしてんだけどあんまりベタベタしすぎず]







あなた

明日学校行く時やってみよっかな












夜ご飯






由宇
由宇
え?サラダ多くない?
タクミ
タクミ
バランスよっ
あなた

最近バランスよく食べようと思って

晴人
晴人
……



明日は早起きして、ランニングしてから準備しよう