無料ケータイ夢小説ならプリ小説 byGMO

第8話

……

何時間前






晴人side









最近あなたの所に変な男がくっついている






今だってそうだあなたを連れてってる





あなたを連れてってる?







あなた!!



空いてる教室をほぼ全部回ってると







『助けて!』









聞き覚えのある声







あなただ……








晴人
晴人
あなた!
あなた

晴人……グスッ

男の子
男の子
あらら
晴人
晴人
てめぇ何してんだよ
男の子
男の子
そんな怒って……この子を放置するお前が悪い
晴人
晴人
そんなことしてねぇよ


目の前にはぐしゃぐしゃになったあなたと



あの男の子……












首には…キスマーク?











ムカつく







何とかあいつを追い払うと






あなたが近づいてきて




あなた

怖かった……グスッ





それより服が……乱れてる……








ーーーーーーーー













時々キスマークが見えてそれだけでイライラする







ーーーーーーーーーーーーーーーー








夜ご飯





由宇
由宇
わ〜美味しそう!
由宇
由宇
食べよ!あなたちゃん
あなた

そ、そうだね!(^_^;

裕介
裕介
シチューうまそ
タクミ
タクミ
黒大丈夫?
晴人
晴人
は?




そんとき気づいた





























































タクミ
タクミ
なんで泣きかけてんの?
晴人
晴人
あぁ悪い
晴人
晴人
飯いらない






視界が涙でボヤけて




こんなイライラして苦しいのは






初めてだ







あなたを誰にも渡したくない



触れさせない





この気持ちはなんだ?