無料ケータイ夢小説ならプリ小説 byGMO

第18話

11.ハンジさんに相談した。
ハンジ・ゾエ
ハンジ・ゾエ
ええーーーリヴァイにドキッとしただってぇ!!??
あなた
あなた
わわっ!!ハンジさん!!声が大きいです!
次の日、私はハンジさんに昨日のことを相談した。
もしかしたら何か病気の症状とかじゃないかって。
あなた
あなた
それでハンジさん、わかりましたか…?
どうしよう…これで重大な病気とかだったら……
ハンジ・ゾエ
ハンジ・ゾエ
(ううぉーーーこれって恋だよね!?!?
ついにあなたも気づいたか……(感動)
これはこれからどうなってくか楽しみだ…)
あなた
あなた
(ドキドキ)
ハンジ・ゾエ
ハンジ・ゾエ
(ドキドキ)
(違う意味でドキドキしてる二人)
ハンジ・ゾエ
ハンジ・ゾエ
えっとね、あなた。これは……
あなた
あなた
ゴクリ
緊張が走る。
ハンジ・ゾエ
ハンジ・ゾエ
………"恋"だね!!
あなた
あなた
………コイ?
私が聞き返すとハンジさんは目を輝かせて言った。
ハンジ・ゾエ
ハンジ・ゾエ
そう!!
ハンジ・ゾエ
ハンジ・ゾエ
恋をするとね、
ハンジ・ゾエ
ハンジ・ゾエ
ドキッっていうのはもちろん
ハンジ・ゾエ
ハンジ・ゾエ
その人が楽しそうだったら自分も楽しいし、その人が悲しかったら自分も悲しい…
ハンジ・ゾエ
ハンジ・ゾエ
つまり感情を共有したくなるんだ。





……………兵長が楽しいと、私も楽しい………






ハンジ・ゾエ
ハンジ・ゾエ
つ、ま、り!
ハンジ・ゾエ
ハンジ・ゾエ
あなたがリヴァイに対して抱いてる感情は恋物語みたいな……「愛」だよ
愛?愛って………
あなた
あなた
ボワッ//////
ハンジ・ゾエ
ハンジ・ゾエ
ちょっ、大丈夫!?あなた!!湯気出てるけどww





私、兵長のこと、一人の男の人として…………
ハンジ・ゾエ
ハンジ・ゾエ
(ま、リヴァイの方があなたにぞっこんなんだけどねww鈍感で無自覚だけど!ww)
ハンジ・ゾエ
ハンジ・ゾエ
………とにかくあなた!!
あなた
あなた
ひゃい!!
突然ハンジさんに名前を呼ばれて思わず感でしまった。
ハンジ・ゾエ
ハンジ・ゾエ
自分の思うままに行動することがうまくいくコツだからね?
あなた
あなた
……?はい……
言ってる意味がよく分からなかったけど、ハンジさんが言ったこの言葉は後に本当だったということをこのときの私はまだ知らないのであった。
−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−
主
最近短くてすみません💦
主
がんばって投稿するんで
主
待っててください!!m(_ _;)m