無料ケータイ夢小説ならプリ小説 byGMO

第14話

9.とても強い2人  リヴァイside
−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−


リヴァイside
エレン・イエガー
エレン・イエガー
〜〜〜//////!
あなた
あなた
〜〜〜〜
あなたとエレンがなにか話している。
エレンは顔が真っ赤で、おまけに二人の距離が近い。
リヴァイ兵長
リヴァイ兵長
……………………チッ
……………………なぜ今俺は舌打ちした?
なんか2人の会話を見てると妙にムカつくような……
にしても2人がなんの話をしているか気になるな……
リヴァイ兵長
リヴァイ兵長
……おい、あなた。少しこっちへ来い。
得に用もないが、2人の会話が気になったのであなたを呼んだ。
………用もないのに呼ぶなんて…
…………いや、でも俺はあなたの保護者だ。
仮にであってもそれくらい普通だろう。
 









………………でも、こんなにもあなたに近づく男に対してイラつくのは__________なぜだ?
−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−