無料ケータイ夢小説ならプリ小説 byGMO

第10話

7.その他の同期達
−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−
あなた
あなた
エレン以外のみんなとも仲良くなりたいな…

てことでみんなのとこまわりに行こう!!
−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−
あなた
あなた
(あ、あそこにいるのは…)
確かミカサちゃんだっけ?めちゃくちゃ強いっていう…
あなた
あなた
ミカサちゃーん!
ミカサ・アッカーマン
ミカサ・アッカーマン
(ビクッ)あなたさん…
あなた
あなた
もう!敬語はなしでいいよ!それにさん付け禁止ね?
ミカサ・アッカーマン
ミカサ・アッカーマン
う、うん…
なんか遠慮がある感じだな…うーん……
あ、そうだ!こーゆーときは共通点探しだよね!
あなた
あなた
会ったとき思ったんだけどさ、ミカサちゃん、なんでずっとマフラー巻いてるの?
ミカサ・アッカーマン
ミカサ・アッカーマン
え…あ…これ、エレンがくれて…
あなた
あなた
エレン?
ミカサちゃんは頬を赤くしながら話し始めた。
ミカサ・アッカーマン
ミカサ・アッカーマン
私が、悪い奴に捕まったとき、エレンが助けに来てくれて…そのときにかけて貰った………
マフラーを指で遊ばせる。
あなた
あなた
そーなんだね…
私も兵長の話しようかな…
あなた
あなた
私もね…兵長に助けられてね…
ミカサ・アッカーマン
ミカサ・アッカーマン
……あのチビに…?
あなた
あなた
もう!笑そんなこと言わないの!
私は助けてもらったときの話をした。
そしたら…
ミカサ・アッカーマン
ミカサ・アッカーマン
あなたは私と一緒。ミカサでいい。困ったことがあったら何でも言って。
なんと、思った以上に仲良くなれました。
−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−
アルミン・アルレルト
アルミン・アルレルト
……………
あなた
あなた
アルミンくーん!
アルミン・アルレルト
アルミン・アルレルト
あ、あなたさん
あなた
あなた
もー敬語じゃなくていいってー笑
呼び捨てでいいよ?
アルミン・アルレルト
アルミン・アルレルト
ありがとうご……ありがとう
みんな何で敬語ではじまるのかなあ
私そんなに怖い?
あなた
あなた
アルミンくんは…
アルミン・アルレルト
アルミン・アルレルト
僕も呼び捨てでいいよ
あなた
あなた
ほんと?じゃあアルミンは何でそんなに思いつめた顔してたの?
さっき窓の外見てたそがれてた。
アルミン・アルレルト
アルミン・アルレルト
そんな顔してた?
あなた
あなた
うん、なんか…うん…
アルミン・アルレルト
アルミン・アルレルト
ハハツ…………あなたは壁の外側の世界って信じる?
あなた
あなた
壁の…外側?
アルミン・アルレルト
アルミン・アルレルト
そう。壁の向こうにはね、「海」っていう商人が取り尽くせないほどの広さの塩水や炎の水、氷の大地、砂の雪原が広がってるんだって。
あなた
あなた
海?
アルミン・アルレルト
アルミン・アルレルト
うん。広大な塩水だよ。僕はいつか壁の外側にいって海をみたい。
あなた
あなた
………………………
アルミン・アルレルト
アルミン・アルレルト
ごめん。そんなこと言われてもどうしようも……
あなた
あなた
………………よ、アルミン………
アルミン・アルレルト
アルミン・アルレルト
え?
あなた
あなた
すごいよアルミン!
私はおもわず大きな声を出してしまった。
アルミン・アルレルト
アルミン・アルレルト
なん…で…?
あなた
あなた
私、壁の外側なんて考えたことなかった!
アルミン・アルレルト
アルミン・アルレルト
それは…禁止されてるからね……
あなた
あなた
でも、私今この瞬間海に行きたいってすごく思ったよ!
あなた
あなた
アルミンのおかげでまた一つ夢が出来たよ、ありがとう!!
海かー!塩水って言ったからしょっぱいのかな…?
アルミン・アルレルト
アルミン・アルレルト
う、うん………うん!!(眩しいな…)
アルミンと私はおんなじ目標ができました。
−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−
コニー・スプリンガー
コニー・スプリンガー
お、おい!サシャ!!それ、リヴァイ兵長のだぞ!?
ジャン・キルシュタイン
ジャン・キルシュタイン
やめとけって………
サシャ・ブラウス
サシャ・ブラウス
でももう無理ですー!私、お腹が減って死にそうです……
あなた
あなた
どうしたの?
みんな
みんな
ビクッ
私はよく3人で一緒にいる、サシャちゃん、コニーくん、ジャンくんのもとへ行った。
あなた
あなた
サシャちゃん、死にそうなの…?
私はサシャちゃんを心配する。
コニー・スプリンガー
コニー・スプリンガー
あ、ああ!!だ、大丈夫っす!コイツ腹減ってるだけなんで…アハハ
もう、敬語なし呼び捨てでいーよー
あなた
あなた
みんな私とそんな年離れてないんだから敬語なしで大丈夫だし、呼び捨てでいいよ!
ジャン・キルシュタイン
ジャン・キルシュタイン
で、でも…
サシャ・ブラウス
サシャ・ブラウス
あなた、私に何か食べ物を恵んでくださいいい…!
コニー・スプリンガー
コニー・スプリンガー
お、おい!サシャ!
あなた
あなた
そうそう!コニーくんもジャンくんもサシャちゃんみたいにね!
ジャン・キルシュタイン
ジャン・キルシュタイン
そ、そうっすか…そうか!ならオレたちも呼び捨てでいいぜ?
コニー・スプリンガー
コニー・スプリンガー
コニーくんとか呼ばれたことねーし…(笑)
わーい全員コンプリートー!
ん、待てよ…なんか忘れてるような…
サシャ・ブラウス
サシャ・ブラウス
あなた……何か…ご飯を………
そうだ!大変!サシャが危険だった!!
あなた
あなた
サシャ、ちょっと待っててね!?
私は急いでキッチンに向かい、秒で料理を仕上げた。
あなた
あなた
これ、食べて?いつもご飯は私担当だから味は大丈夫なはz…
サシャ・ブラウス
サシャ・ブラウス
いただきます!!
サシャは秒で食べ始めた。
サシャ・ブラウス
サシャ・ブラウス
ふぉいしいでふっ…!あなたはてんはいでふね!(美味しいです!あなたは天才ですね!)
あなた
あなた
何言ってるかはわからないけど喜んでもらえてよかった(笑)
あなた
あなた
サシャもそうだけどジャンもコニーも食べたいときはいつでも言ってね!すぐ作るから(ニコッ)
二人
二人
あ、ありがと//////
サシャは胃袋を、ジャンは心臓を、コニーは謎の母性を掴まれ、まんまとあなた沼にはまってしまったのだった。















すごいね!あなたちゃん全員コンプリートだよ!
−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−
主
毎回どこで切ればいいのか分からない作者です。
主
長くてスミマセン…汗