無料ケータイ夢小説ならプリ小説 byGMO

第5話

Brother 5
保育園からの帰り道、まると俺は公園で遊びたいとそれぞれの親に強請り、公園で遊ぶ許可を得た。
DJ銀太
DJ銀太
今日は、社長来るかな…
DJまる
DJまる
社長に会いたい
DJ銀太
DJ銀太
大丈夫、絶対来てくれるけん
DJまる
DJまる
そうだよね…
信じて待ってよう!
社長が来るかもしれないという淡い期待を抱き、親に怪しまれないために遊具で遊んで待っていた。
しかし、日も暮れてきてそろそろ帰るよ、って声をかけられた。
また違う日に来なきゃだな、って思った矢先、社長が現れた。
DJ社長
DJ社長
銀太、その子もしかして…
DJまる
DJまる
まるだよ!
社長、会いたかった!
DJ銀太
DJ銀太
これで、社長とふぉいと俺とまるは揃ったな!
あとは脇だけや!
DJ社長
DJ社長
脇どこにおるんやろな…
DJまる
DJまる
早く脇にも会いたい…
DJ銀太
DJ銀太
ふぉいは風邪治ったら多分会えるけん、それまでの辛抱やな
DJまる
DJまる
ふぉいの風邪、早く治りますように
DJ社長
DJ社長
あいつが風邪引くなんて珍しいとね
DJ銀太
DJ銀太
俺もびびったっす‪w
DJ社長
DJ社長
とりあえず、今日は解散にして、次は2日後の夕方会おう
DJまる
DJまる
分かった!
DJ銀太
DJ銀太
ふぉいにも伝えとく!
名残惜しくはあるが、親を待たせいる関係上、今日は一旦バイバイだ。
パパ
パパ
匡、絃歩元気になってるかな?
DJ銀太
DJ銀太
元気になってるよ!
帰り道、父さんとそんな話をしながら家路に着いた。
ふぉいが元気になってくれないと、俺までテンション下がるから、早く元気になって欲しい。
DJ銀太
DJ銀太
ただいまー!
ママ
ママ
あら、おかえりなさい!
俺はあくまでも子供を装い、玄関のドアを開けた。