無料ケータイ夢小説ならプリ小説 byGMO

第8話

7日目「すれ違う二人の記憶」
あの夢はいったい
あと2日か早いな
ガラガラ
少女
少女
あきとくんやっほー
あきと
黒団子
少女
少女
今日はねジャーン
あきと
ノート?
少女
少女
うん!二人で交換日記しよ
少女
少女
書いて来たからあきとくんの番だよ
明日までに書いてね
あきと
あぁ
少女
少女
えへへ
あきと
ペン、
少女
少女
あ、はい!
あきと
ありがとう
少女
少女
じゃあ今日はじゃあね
あきと
ピアノ?
少女
少女
そう
あきと
じゃあね
ガラガラ
交換日記か黒団子は色んな事考えてくれたんだよな体が動かないからって

あと2日で心臓を動かなくなるかもしれないのに
そういや僕のこの怪我って女の子を助けようして僕もひかれたときに出来た怪我
僕は足だけで女の子は全身なんだけどな
ーーーーーーーーーーーーーーーーー
少女
少女
わたし何言ってんだろ
ピアノの習い事に行っても誰も私なんか
少女
少女
なんで見えないんだろ
でもあきとくんは見えてるから私は生きてるんだ
少女
少女
これからあの日記で関係を気付いていきないな
微妙にすれ違う二人の未来の希望は